女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

母になった以上は母でなくてはいけない

前回母になって後悔している人たちのことを書きましたが、最近特に思うのが、子どもは人それぞれで子育ても人それぞれ。接している時間が長さで決まるわけでもないということである。

子育てはだから難しい。

子育てと仕事の両立はなおのこと難しい。

ほったらかしでも大丈夫な子もいるかもしれないが、愛情を感じられず、大人になっても満たされない心を抱えて生きている人がいるのも事実なのだ。

なかなか衝撃だったのはこの事件。

母が近所の人にカレーをおすそわけして息子が激怒。自殺に追い込んだとか。

被告の男: 子どものころ楽しみだったのは土曜日に食べる母親のカレー。父と母は必ず毎週日曜日はパチンコへ行き、自分は、お腹を空かせてその帰りを待っていた。パチンコから帰って来ても充実した食事は作ってもらえず、仕事終わりにも料理を作ってくれないことが多かった。母親に対して良い思い出はあるが悪い思い出の方が多い。そんな中でも、母親のカレーを食べながらテレビを見るのが楽しかった。母親の作るカレーが一番好きだ

https://news.yahoo.co.jp/articles/db27545032adc6a5fa9223d86a461bd115980855

かなり身につまされた。

これが極端な例だとしても、やはり子どもへの愛情が欠如したらどうなるかというのがよくわかる。

パチンコに行くのが悪いというわけではない。

仕事に置き換えても同じだろう。

実のところもっと働きたい、お金がほしい、とかなり思うが、子どもが健全に育つことはお金より大事なのだ。

もちろんお金がなくては生きていけない。

仕事で疲れて帰ってきて、家事や宿題を見る。お母さんがニコニコしてないと、なんて言われることもあるが、ゲッソリしていてもなんらおかしくない。

本当にこのままでは日本はどうなってしまうのか。

とりあえず私は、何が一番大事なのか、日々忘れないように生きていきたい。

でも本を読む時間もほしい。