女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

人によって住みごこちポイントは違うね

引っ越す予定がないのに、相変わらずsuumo新築マンションを熟読しつつ、いろんな街を見ています。

横浜市内でいうと、ある程度どこに行ってもそれなりに栄えていて、初めて途中下車してみた戸塚なんてかなりお店が充実していて横浜行かなくていいじゃん、と思った次第。

しかも隣の東戸塚もそれなりにあるし。

住むところはかなり重要ですが、買った当時、考える余裕がまったくなく、いまのほうが冷静に分析できるような気がします。

うちの場合は実家へも帰りやすいところにしたかったため、いまの場所に住んでいますが、結果よかったことはたくさんあります。

・主要駅が隣

・都心や横浜方面にも行きやすい

・スーパーが充実

・広い公園がある

普段はもちろん近所のスーパーで買い物しますが、格安系からホームセンター、総合的な大型スーパーまでかなりの充実度。

とはいえ、もともと都心で遊んでいた私にはそれだけでは満足できず。

主要駅が近くて、さらに都心や横浜にも行きやすいのは、たまには気分を変えられるので、とてもよかったです。

さらに、習い事や塾の選択肢は広いです。隣の駅にかなりある。これは大きい。

あと、広い公園が近くにあるのはよかったです。いまはあんまり行かないですが、幼児期は特に助かりました。

ただ、これはうちの場合であって、都会がいいという人もいれば、田舎でも困らないという人もいるでしょう。

風水でいろいろとダメなポイントがあったりしますが、たとえば線路や幹線道路の近くはダメ、とか。

大丈夫な人もいるかもしれませんが、だいたいは落ち着かないということでしょう。

私がいま住んでる家は引っ越し当初、人通りが少なく静かすぎて落ち着かないなと思ったのですが、よくよく考えたら実家は線路&踏切近く、前に住んでたところは幹線道路沿いでした。

周辺の雰囲気が私に合っていたのもあり、住んでいくうちにいまの家は一応慣れましたが、新しく開発されて道路からきれいに整った閑静な住宅地、みたいなところに行くと不安になります。

それが合う人ももちろんいるわけで、住みごこちとか自分にフィットする家は人それぞれなんだなと。

あと、利便性よく人気の街であっても、住む土地や家がイマイチだったら意味がなく、穴場の街でも探せば自分に合う住まいが見つかる気がします。

いろんな住宅地を歩いてみると、こんなところに建てるか?みたいな家はよくあります。(特に傾斜地)

多少微妙でもどうしてもこの街に住みたいというなら仕方ありませんが、長い目で見るとやっぱりよく考えたほうがいいと思います。

人によって落ち着く落ち着かないポイントは違いますが、我が家でリラックスできなければ元も子もないので、ネームバリューだけでは飛びつかないのが賢明かと。

でも一度でいいから都会的なオシャレな街に住みたかったな!