女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

【借りすぎないで】コロナ禍で住宅ローン破綻が増えている恐怖

きょう9/24のモーニングショーで住宅ローン破綻についてやっていました。

そのまえにも別の番組で取り上げていた模様。

都内で暮らすAさん。妻と高校1年生の長男の3人暮らし。3年前、新築の一戸建てを35年ローンの3000万円で購入。夢に見た念願のマイホームでした。

 Aさん:「3階の部屋からスカイツリーが見えたから『買おう』ってなりました。夜だと電気がついているので、すごくよく見えるんです」

 住宅ローンの返済は、毎月9万円。しかし去年4月、コロナ禍の影響で給料が半分に。

 Aさん:「元々、手取りで35万円ぐらいあったんですけど、それが18万円とか」

 Aさんの仕事は運送業。1回目の緊急事態宣言で物流が激減、そのあおりを、もろに受けたのです。

 さらに…。

 Aさん:「妻も(コンビニで)アルバイトをしていたけど、コロナ禍で『お客さんが来ないからシフトに入らなくていい』と言われて」

 そして、去年12月。住宅ローンの支払いが滞っていたAさんの元に、ある通知が。返済を厳しく促すための「催告書」でした。

 届いたのは12月22日。8日後の30日までに、残りの住宅ローン2832万円を一括で支払わないと「自宅を競売にかける」と書かれていたのです。

深刻…急増する住宅ローン破綻 返済困窮者8万人超|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト

 

モーニングショーで出ていた方も、残りの3400万円ほどを一括で支払え、と催告書が来た、とのことでした。無理なので売却するしかないが、売れたとしても借金が残る、とのこと。f:id:joshi-julietta:20210924081410j:plain

 

あと、リストラされて妻にお金の話をしたところ、揉めてしまい、妻子が家出。なんとか転職したものの、売却したいという方も出ていました。

夫婦間でお金は揉めますよね。

 f:id:joshi-julietta:20210924082120j:plain

とりあえず、きょうの番組では増加している理由について、超低金利と減税でローンが借りやすいことと、マンション価格の高騰、という話をしていました。

多少無理しても借りれちゃうなら買っちゃうよね、みたいな。

 f:id:joshi-julietta:20210924082436j:plain

f:id:joshi-julietta:20210924082456j:plain

f:id:joshi-julietta:20210924082522j:plain

万が一返せなくなった場合、猶予や返済条件の変更などとにかく銀行に相談を。

f:id:joshi-julietta:20210924082344j:plain

返済条件が変更できれば、月々の返済額を抑えることができるので、住宅ローン返済を続けられる可能性があります。そのため、今は支払いが厳しいが、近い将来、収入回復の見込みがある場合には、金融機関に相談して、返済条件を変更してもらうことは得策であるといえます。

コロナ禍で増加する「住宅ローン延滞」…破綻リスクの酷い実態(幻冬舎ゴールドオンライン) - Yahoo!ニュース

ただし、返済条件の変更にはデメリットがあることも知っておく必要があります。例えば、返済期間を延長したことで、定年後も住宅ローンの支払いが続くようなことになれば、老後破綻の可能性もあります。例えば、65歳で完済する予定がリスケにより75歳になってしまうと、その年齢まで返済が続くのは厳しいといわざるを得ません。

 

また、「返済猶予」により一定期間、元金の返済を猶予してもらう場合は、猶予期間が過ぎれば、毎月の支払額に猶予分の金額が上乗せされることを念頭に入れて、猶予期間中に生活の立て直しを図る必要があります。

頭では分かっていても、いざ支払いの段になると、上乗せされた金額は、思いのほか負担となります。収入の回復が芳しくなく、そこへ子どもの教育資金の出費などが重なってしまえば、せっかく返済条件を変更しても、住宅ローンの支払いは破綻してしまいます。収入の回復が見込めず、単にその場しのぎになってしまう可能性がある場合は、ほかの方法も検討する必要があります。

ダメなら生活保護でいいやと思っている方もいるかもしれませんが、原則、持ち家があると生活保護を受けられないそう。

持ち家に住んでおり、その家にローンがあるなら以下の条件にあてはまる場合に限り受給が認められます。

ローン残債が300万円を下回っている
5年以内に残債を支払い終えるめどが立っている

持ち家ありで生活保護は受けられる?受給のための2つの条件とは | 不動産査定【マイナビニュース】

 

確かにコロナ禍は誰も予測できなかった事態ではありますが、収入の減少やリストラなど不測の事態があることも含めて、先のことをしっかり考えてローンを借りなければいけないなと思いました。

本当に他人事ではありません。怖いけど、なんとかやっていくしかないです。

 

持ち家持っているほうがすごいみたいな、持ち家信仰ってなんとかならないんですかね。

ずっと問題がなければいいのですが、何かあったときに簡単に売れるものではないし、売れたとしても、借金が残るかもしれないとみんな知っていれば、こんなことにはならないのではないでしょうか。

でも、売るときは不動産屋さんも必死でしょうしね。

とにかく自分の身は自分で守りましょう。

これから借りる方は、借りれるからいっぱい借りちゃえ、と思わないようにしていただきたいです。あくまで身の丈に合った額で。