女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

習い事を続けるには親の根気と体力が必要

息子が体操教室に通い始めて、3ヶ月が過ぎました。
最初は完全にボイコット気味で座ってるだけのときが多く、早めに見切りをつけようかと思いましたが、いまは楽しくやってくれているし、できることも増えたので、効果はありそうです。

ただ、習い事をやらせるのも簡単じゃないんだなと感じるように。
正直あれもこれも、とやらせたい習い事はいろいろあるのですが、経済的な問題以前に私の体力次第じゃないかと思うようになりました。

12月は発表会が終わったあと、気が緩んだのか私が体調不良に。
無理をして仕事、療育も体操教室も今までどおり行っていたら、見事に悪化。
病院の先生に「とにかく休まなきゃダメ!」と釘を刺され、仕事をしばらく休む羽目に。
ようやく治ったと思ったら、今度は息子が高熱。
咳もひどく2回も病院に行き、なんとか元気になりました。
ホッとしたのも、つかの間。それで終わりではありません!
もともと弱っていた私が風邪をひき、何日も寝込む始末。
鼻詰まりでしんどいまま帰省しましたが、なんか一気に疲れがきたかんじでした。

というわけで、体操教室は2週休みました。
ぶっちゃけ、息子もやらされてるだけなので、休めてラッキーぐらいのかんじ。
そんな状態だから、私の「続けさせたい」という気力がなくなれば、本人は簡単に辞めちゃいそう。
ちなみに、一応本人やる気になっていた短期水泳教室もキャンセルしたけど、あんまり残念そうではなかった(笑)。

うちは子ども1人で習い事1つなので、大した負担ではないかもしれませんが、ひとりで行けるようになるまでは付き添いは必須。
仕事の有無に関わらず、親はそれなりに大変だと思います。
兄弟いて複数やっている家庭はすごいですわ…

いまは小学校でプログラミングや英語などが始まるし、遅れをとったらヤバイと少し焦っていた点も否めず、習い事やろうがやるまいがドンと構えて、いろいろな経験を別のところや家庭でやらせる、でもいいのかなと思います。
人は人、うちはうち!
周りに踊らされず、根気強くやっていかないと。

幼児のうちはとにかく遊ばせるだけでも問題ないと思いますが、小学校入ったら勉強も見ないといけないと思うと、子育てはまだまだ道のりが長いですね。。

そう思うと、仕事と子育ての両立は本当に大変だし、無償化しても家事や子育ての負担が減るわけではないので、難しいなぁという言葉しか出ません。