女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

インターナショナル園と幼稚園について思う

 

先日新聞の折込に、キッズデュオインターナショナル青葉台のチラシが入っていました。

f:id:joshi-julietta:20181009114541j:plain

f:id:joshi-julietta:20181009114605j:plain

www.kdi.ac

 

うちからだと少し遠いのですが、どうやら広範囲にバスを走らせるようです。

ほかのインター園の車もたしかに近所でよく見かけます。

 

年少々からの4年保育で、9時から17時までが正規の時間だそう。

さらにさまざまなカリキュラムが目白押しで、習い事に行かせられない働いているママでも、子どもに多種多様な経験をさせられそう。

また小学校受験指導もあるとのこと。

母体がやる気スイッチグループで、幼児教室もやっているので連携がある模様。

Kids Duo International(KDI)|バイリンガル幼児園 KDIのカリキュラム

Kids Duo International(KDI)|バイリンガル幼児園 運営会社

 

こちらの園は完全に日本人向けで、英語だけではなく運動も学習もバランスよく指導する印象です。

調べてみたら同じようなかんじの園がたまプラーザにありました。

いまはこういう園がいっぱいあるんですね。

www.kinderkids.com

 

インターというと親の英語力も心配なところ。

生徒の1/3 程度を、英語を母国語とする子どもたちの枠として定めていますので、子どもたち同士で、自然に英語でコミュニケーションができるようになります。

Program Characteristics 特色 | About us 私たちの学校について | Central Forest International School セントラルフォレスト インターナショナルスクール

といった、親御さんも外国人が多い本格的なインターはちょっと、、でも英語には親しんでいってもらいたいという方は、こういう園なら行かせようと思うのではないでしょうか。

「インターナショナル」とついていても、本当にたくさんの園があるようなので、見極めは必要だと思います。

どちらにしても、経済的に余裕がなければこういう園には通わせられないのですが。

神奈川県の英語保育園・プリスクール一覧 | 保育の求人あるある | セントスタッフ運営の保育求人サイト

 

先日息子の園で英語の授業を見てきましたが、おそらく幼稚園・小学校の間はコミュニケーション重視なので、うちの子のような恥ずかしがり屋にはなかなかつらそうです。

とはいえ、読み書きはまだひらがな・カタカナも微妙なので、ローマ字はそのあとかなと思います。

英語の読み書きや話す・聞くの能力がつくことはもちろんいいことだと思いますが、それよりも、多種多様な考えを認め合うとか、これだけネットなどで外国の情報が入る世の中なのに、あまりにも外に目を向けることが以前より減っていると感じるので、そういった感覚を養うことに力をいれてほしいと思います。

多種多様なものに触れるというのは外国のことだけではなく、日本国内においてさまざまな立場に置かれている人についても同様だと思います。

 

ごく普通の幼稚園でも、英語をやることが当たり前になってきていますが、ついつい勉強ができてほしい、運動ができてほしい、というのが親心。幼稚園もビジネスなので、それに合わせてそういうものを重視してきているのだとは思いますが、心を育むということを忘れずにいたい。子ども本来の生命力、イキイキと過ごすことを大事にしたいと私は最近特に思います。

それが自己肯定感につながるのではないかと思います。

 

 よろこびの人は、子どもらのための小さき太陽である。明るさを頒ち、温かみを伝え、生命を力づけ、生長を育てる。見よ、その傍に立つ子どもらの顔の、煕々として輝き映ゆるを。なごやかなる生の幸福感を受け充ち溢れているを。
これに反し、不平不満の人ほど、子どもの傍にあって有毒なものはない。その心は必ずや額を険しからしめ、目をとげとげしからしめ、言葉をあらあらしからしめる。これほど子どものやわらかき性情を傷つけるものはない。
不徳自ら愧ず。短才自ら悲しむ。しかも今日直ちに如何んともし難い。ただ、愚かなる不満と驕れる不平とを捨てることは、今日直ぐ必ず心がけなければならない。然らずんば、子どもの傍にあるべき最も本質的なるものを欠くのである。
希わくは、子どもらのために小さき太陽たらんことを。
                            

倉橋惣三「小さき太陽」『育ての心』

よろこびの人は、子どもらのための小さき太陽である。|今月のことば|宗教情操行事|大学紹介|佛教大学