女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

マンション?戸建?静かに暮らすためにはどうしたらいいか

実家も、今の家も戸建で、これでよかったと思っていますが、こういう記事を見ると、マンションもよかったのではないか、と、最近感じます。

マンション、子育てが売り 保育園優先入園や英語教室 :日本経済新聞

英会話教室などの子育て支援施設が決め手になった」。購入者の3割がこう話すマンションがある。三菱地所レジデンスなどが販売中の「ザ・パークハウス国分寺四季の森」(東京都国分寺市)だ。

 3LDKで5千万円台前半が中心だ。JR国分寺駅から徒歩13分とやや遠いが、全494戸の5割超が契約済み。マンション全体が完成する8月を前に販売が進んでいる。

 学童保育施設の誘致など子育てのしやすさを前面に打ち出している。住民の子供専用の英会話教室もこの一環だ。ベネッセコーポレーションが運営し、共用施設のパーティールームを使う。受講費は通常の教室と同じ月5500円からだ。

同じ建物の中に学童や習い事の教室があれば、送迎の手間がかからない。

こんな素晴らしいことはないですね。

また、先日の新潟の事件のように、子どもの1人歩きはとても心配。

近所でも低学年の女の子が1人で小学校から帰っていますが、周辺は人があまり歩いていないので、事件も起こり得るなと、ゾッとしました。

そう考えると子育て世代が集まるマンションであれば、周囲の目もたくさんあるし、安全面でも不安が少ないのではないでしょうか。

 

で、最近ちょっと困っているのは、うちの前(道)で遊ぶ子ども(幼児・小学生)の声です。

うちの子も遊ぶので、お互い様ではあるし、なんとも勝手な言い分なのは百も承知です。

そして、いずれ大きくなれば静かになると思いますが、10人近くの大人数が一挙に押し寄せると、そんなに大勢なら公園へ、と思ってしまいます。

住宅は分譲のため、密集していて休日の昼間にゆっくり寝たいときもあるのですが、どうしても、外の声が気になってしまいます。

 

戸建てですが子供の声がうるさいと言われ困っています : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

こちらのトピを見ると、

①子どもの声はたしかにうるさい

②密集した地域で、狭い家(30坪)では、集合住宅と思ったほうがいいので配慮が必要

③広い庭がないなら公園などに連れていくべき

④うるさいと思う側も防音対策は必要

⑤親のしつけの問題?

 

そう考えると密集した狭い家であることや周囲の家の並びなどを考えて買うべきでした。

戸建はダイレクトに外の声が届きます。

なおかつ、子どもの声は本当に響きます。

場所によって違うとは思いますが、都心に通える範囲で、子どもを遊ばせる庭がある家を買うのは、普通のサラリーマンではなかなか厳しいのではないでしょうか。

となると、もうこういうご時世なので、仕方ないと思い、自分で対策を考えるしかなさそうです。

 

ただ、私自身もみんなが使う道路ということを忘れて気にせず遊ばせていましたが、子育て世代以外の家庭もいらっしゃるので、これは配慮すべきだったなと思いました。

大人の話し声なども、気にしなくてはいけないなと改めて思います。

 

子どもの声を小さくさせたり、なくしたりすることはできません。

自分の子どもの声に慣れていると、周りがどう思うか気づかない点もあるかもしれません。

結局のところ、親のしつけや配慮、周囲とのコミュニケーションに尽きると思います。

ご近所さんは選べませんし、同じ価値観とも限りません。

いろんな人がいるから、気をつけないといけない、ということを子どもに教えることもある程度の年齢になれば必要なのではないでしょうか。

 

マンションに住んでいる友人の家に遊びに行くと、あまり外の音が聞こえないなと思ったのですが、やはり鉄筋コンクリートは音は聞こえにくいようです。

ご存知の方も多いかと思いますが、建物の遮音性能は構造によって大きく違います。鉄筋コンクリート造(RC)は遮音性能が高く、反対に木造は遮音性能が低いです。 

RC造と木造で、防音にどれだけ差がある? 「遮音性能」の違いを構造別に解説 | Page 2 of 4|楽待不動産投資新聞

 

うちは音に敏感な人が多いので、そういうことも考慮すべきでした。

どうしても耐えられないなら二重サッシにするしかないかなと思います。

冬の結露もひどいし。

二重サッシの種類と費用|防音・結露対策・断熱に効果テキメン!|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

 

というわけで、住んでみないとわからないこともありますが、もう少しここに決める前にいろいろ考えるべきでした。

とはいっても、自然が身近にあるいい場所で、直に土に花を植えられるガーデニングを楽しんだり、いい面もたくさんあります。

 

まあ、極論でいうと、静かに暮らしたいならもう人里離れた山の中に行くしかないですね。

便利なところで生活したいなら、いろいろ割り切るしかないです。

物事には必ずいい面と悪い面の両面ある、ということですね。