女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

子育て中のママこそリフレッシュ・リラックス時間をうまくやりくりしよう

独身のときや子どもがいなかったときには、自由な時間がもっとあったのに…

寝たいときに寝られたのに…とは思いますが、

自分なりにいいバランスでなんとかやれてるかなという今日この頃です。

 

そこでこんな記事。

働くお母さんたちに共通しているのは、みなさん良いお母さんでいようと頑張っているということです。自分は働いているからこそ、専業主婦以上に頑張らなければいけないと、思いつめてしまっている人たちもたくさんいました。

産業医が教える「忙しすぎる“働くお母さん”に必要な休み方」ホントのところ (HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース

 

働いていると、専業主婦の方のように子どもに向き合えていないのではないか、私もがんばらないと、と思ってしまうこともあります。

とはいえ、専業主婦のママも毎日大変ですし、それぞれの家庭で事情や状況は違います。

なので、その辺は意識しなくていいのかなと最近は思えるようになりました。

 

保育園の預かり保育を、仕事のためではなく自分のために週1回、30分延長してみる。その時間、ウィンドウショッピングしたり、カフェで読書や一息するだけで、とても心は落ち着き満たされるようです。

自分のために延長…たしかにそれができればいいですよね。仕事が休みのときにも保育園に預けられたらどんなに楽か、と何度も思いました。

でも、保育園に預けて働けるだけでもとてもありがたいことでした。

いまは幼稚園なので、仕事が休みのときにも幼稚園に通えます。

家事をして終わってしまうこともありますが、一息つけるので、少しでもゆっくりできてうれしいです。

 

なぜ母親だけこんなに大変なのか、と思うことがしょっちゅうです。

自分なりのリラックス方法を見つけていくしかないかなと思います。

我慢する必要なんてまったくありません!!

①子どもと夫が寝た後に、一人でゆっくりお風呂

②自分の母親に、とにかく話しまくる

③子どもの昼寝中、好きなドラマを見る

④夫に子どもを預けて、短時間でも自分一人の時間を作る

⑤お菓子をたらふく食べてストレス解消!

⑥子どもが泣いている時に一緒に泣いて、ストレス発散

⑦離乳食をレトルトにして、晩御飯を宅配ピザに。家事をいっさいしないと決める!

⑧とにかくベビーカーで外へ

⑨子どもが生まれた時の写真やムービーをみて癒される

疲れた時こそ試してみよう!ママたちから集めた「育児リフレッシュ方法」まとめ | Conobie[コノビー]

上の①~⑨まで全部やったことある!!

お風呂にひとりでゆっくり入るのは幸せな気分になります。

料理も疲れたときは作らなくてよし!

 

好きなことを好きなだけ…というわけにはいかないけど、テレビを見たりお菓子食べたりやれることはどんどんやりましょう!

私は最近ガーデニングにハマり、花をよく買って植えています。

花は本当にキレイで見るだけで癒やされます~。

 

子育て・家事・仕事…はママが元気でなくてはできません。

本当にいつも痛感しています。

 

f:id:joshi-julietta:20180209160600j:plain