女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

幼児教育無償化は始まり、待機児童問題は終わらない 

きょうの日経神奈川・首都圏経済面。

神奈川県内の待機児童数が膨らんでいる。相模原市は6日、親が育児休業中で復職意思がある場合は待機児童に含める厚生労働省の新基準を初めて適用した結果、10月1日時点の待機児童数が前年から190人増えて248人になったと発表した。横浜市川崎市も含め、3政令市全てで前年の約4倍となった。待機児童ゼロ達成が高い壁であることが浮き彫りになった。

 

神奈川の3政令市、待機児童膨らむ 新基準適用で :日本経済新聞

www.nikkei.com

 

というわけで、依然として待機児童はなくなりません。

相模原市の248人の待機児童のうち、新基準を適用したことによる増加は90人。その他では親が仕事をしながら職場の託児所に預けていたり、親族に預けていたりする場合が83人、仕事は内定しているがまだ働いていない場合が23人などとなっている。

 旧基準を適用して算出していた2017年4月1日時点では待機児童ゼロで、県内の政令市では唯一3年連続でゼロを達成していた。10月1日時点の待機児童数も旧基準だと120人になる。1つの園のみを希望して入れなかった場合などの「保留児童」は800人で、前年同期から103人減った。

保留児童が800人もいる時点で、驚きなのですが、ただでさえ待機児童がいるのに、希望の園に入れなくてあきらめている人も含めると、かなりの人数が思い通りになっていない状態。

どうしてこんな状態になってしまったのか、と頭を抱えるしかありません。

 

そんななかの無償化。

入れる人だけ恩恵を得られる。

どう考えても、

とにかく保育士の給与を上げるなりの対策をして、人材を確保する

受け入れ人数を増やす

のが先なのは明らかではないでしょうか。

 

結局のところ、幼稚園の経営がヤバイからなのか、何なのか、いろいろ政治的な何かがありそうですが・・・

 

幼児教育無償化は、幼稚園業界への利益供与か | 駒崎弘樹公式サイト:病児保育・小規模保育のNPOフローレンス代表

www.komazaki.net

 

たしかに幼稚園に入ってみて、PTA連合会ってなんか強そうだなとは思いました。

保育園にはないですよね。

役員名簿 | 全日本私立幼稚園PTA連合会:サイト運営団体 - 私立幼稚園.com

 

そもそも日本は幼稚園と保育園で管轄が違うのがおかしいし、保育園は書類など手続きも面倒、先生たちは多忙で余裕がないし、私的には本当にうんざりでした。

2007年に幼児教育を無償化したニュージーランドでは、1980年代からその準備となる改革がはじまっていたという。1986年、社会福祉省が所管していた保育園を、幼稚園を所管する教育省に移した。

日本では、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省が所管。認定こども園や企業主導型保育の事業を進める子ども・子育て支援制度は内閣府が担当している。この縦割り行政を、ニュージーランドはまずなくしたのだ。

ニュージーランドはほかにも、すべての教育機関の質を評価する国の機関を設置し、評価結果をデータで公開している。保育士の給与水準は小学校教諭並みに引き上げられているが、保育士免許は更新制で、資格のレベルにより給与が異なる。施設でのICT化も進んでいる。

日本では、さまざまな第三者評価機関や評価基準があり、結果の公開レベルもまちまち。保育士の給与水準は低く、現場にいない潜在保育士は70万人超といわれている。保育現場はいまだに連絡帳や出席簿、現金精算のアナログ文化だ。

 

幼児教育無償化がもはやカオスに。本当に子どものためになる政策なの?

www.buzzfeed.com

 

子ども・子育て支援制度は内閣府だったなんて、もうバラバラ。

 

とはいっても、全容は決まってきておりますが、

待機児童解消に向けた保育士の人材確保のため、「2019年4月から月3000円相当の賃金引き上げを行う」と明記。

保育士月給など引き上げ=幼児教育無償化「来夏結論」-人づくり革命政策案判明:時事ドットコム

 

月3000円って効果あるのかな?

 

3~5歳の幼児教育・保育の無償化については「幼稚園、保育所認定こども園の費用を無償化する」と記した。それ以外の施設をどこまで無償化の対象とするかは、「来年夏までに結論を出す」として先送りした
 保育料が高額なことなどを理由に現行の「子ども・子育て支援新制度」の対象から外れている3~5歳の施設は、「同制度の利用者負担額を上限として無償化する」と規定。0~2歳児は「当面、住民税非課税世帯を対象として無償化を進める」とし、将来的な支援対象の拡大について「安定財源の確保と併せて検討していく」とした。

ということで、結論はまだ出していませんね。

 

「実際に幼児教育を無償化した国では、施設利用率が上がり、保育時間が長時間化しています」

無償化によって保育ニーズが掘り起こされるほか、これまで払っていた保育料負担が減ると、事業者が追加で有料サービスを提供しやすくなったり、親はより長時間の保育を希望したりすることが考えられる。その結果、待機児童問題や保育士不足、保育の質の低下は、改善するどころか深刻化する懸念があるという。

幼児教育無償化がもはやカオスに。本当に子どものためになる政策なの?

 

保育料を稼ぐために働いているのか、という悩みはなくなるけど、その分、入園希望者はさらに増えそうですよね。

保育の質もこれまでより低下してしまうかもしれません。

それは本当に子どものためになるのか?

園の先生たちも、子どもたちも、親もみんな穏やかな気持ちでいたいものです。

 

幼児保育の要諦を一語に尽くすものがあれば、それは親切である。

親切のないところに、保育の理論も経験も、工夫も上手もない。

その反対に、親切のあるところ、一切の欠陥とまずさとを覆うて余りある真の保育が実現する。

ー倉橋惣三 育ての心(上)(フレーベル新書12)38p「親切」より

育ての心 (上) (フレーベル新書 12)

育ての心 (上) (フレーベル新書 12)

 

今日も幼稚園に行きましたが、特に親しいわけでもないのに、いつも話しかけてくれる子、仮面ライダー?の攻撃を仕掛けてくる子、物静かな子、それぞれですが、みんなにこやかで元気で幸せな気持ちになりました。

なんでこんなに素直なんでしょう。

この気持ちを忘れずにいたいです。