女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

プライドを捨てる?無理をしない!主婦のパート就活の対策!

きょうのあさイチで40代主婦のパート就活について特集していました。

仕事は休みですが、息子の幼稚園の送りから帰ってきてからの少しの時間しか見られませんでした。。

40代主婦 稼ぎたいけれど・・・|NHKあさイチ

 

実は、幼稚園入園から2ヶ月以上経ちましたが、いまだに息子がグズグズ、マイペースを貫いており、現在の仕事の始業時間に出勤するのがなかなかしんどく(というか遅刻多数)、職場に時間変更を相談したものの、NGとのことで、悩んでいました。

そこで求人サイトで見つけた、「勤務時間は自由」という仕事をしようかと、面接に先週行ってきました。

 しかし、面接で話を聞いてみると、自由とはいうものの、取引先の都合も関係するので、完全に自由とはいかないらしく、しかも、会議など出席必須のものは当然、日時が決まっていました。

母のサポートも100%可能ではないですし、学校行事等の両立は不可能なため、辞退しました。

結局、職場に息子のことを説明し、今まで通りの仕事をがんばることにしました。

 

で、私は今まで何回も面接に行っていますが、改めて感じたことは、やはり採用する側はブランクを気にしているな、ということです。

子どもが小さければ、病気のときのサポートも、です。

資格についてはあまり見ていないように思います。(業務するにあたって必須の資格は別ですが)

ただ、事務でしたら、パソコンは使えないと厳しいかな。

いまの職場は、PCスキルは問わないため、エクセルがまったくわからない方が何人も入られましたが、すぐに辞めていきました。

スキルは問いませんが、PCを使わないと仕事にならないため、操作に抵抗があると無理みたいですね。

年齢ですが、現在、お子さんが中学生・高校生・大学生の方も働いていらっしゃるので、関係ないように思います。

f:id:joshi-julietta:20170628092735j:plain

 

ブランクについてですが、視聴者の方からもお話ありましたが、いきなり希望の仕事を目指すのではなく、まずは工場などでの作業をやってみる、短期でもいいからとにかく仕事をする、というのがいいと思います。

PTAは私はまだ経験していないのでわかりませんが、とにかくブランク中に何をやっていたかを説明できるようにしておくべきなのかなと。

私の場合は長年のフリーター期間について、いつも面接で突っ込まれます(笑)。

 

そして、専門家の方も話されていましたが、一番大事なのは、無理しないこと!

どうしても仕事に就きたいからと、自分を犠牲にしたりしないことです。

自分はこの時間までならできる、など条件をしっかり持っておくべきです。

私も何度も無理をして、すぐに辞めたりしていました。

仕事を無理せず続けることが第一です。

f:id:joshi-julietta:20170628095720j:plain

 

そのためには、仕事をしている自分の一日をイメージすることです。

この仕事をしたら、朝何時に起きて、何時に出発するか、通勤時間はどのぐらいか、家事をいつするか、体力的に無理がないか、子どもの学校行事のときはどうするか、などなど。

無理があるな、と思ったら、やめたほうがいいかもしれません。

ちなみに、やはり勤務地は近いに越したことはないと思います。

 

ついつい、やりたい仕事や収入ばかりに目が向いてしまいますが、昔のプライドがもしあればもうそんなの関係ない!

どんな仕事でも社会にとって大事な仕事です。

やってみたら、意外な発見や、やりがいが見つかるかもしれません。

その仕事をすることで誰かが我慢することなく、みんながハッピーになれるといいなと思います。

f:id:joshi-julietta:20170628100143j:plain

働ける時間が少なくても貴重な戦力になりえます!

 

 

☆関連記事

 

joshinbun.hatenablog.jp

 

© 2013-2017 joshi-julietta