読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

2歳の息子が好きな電車絵本

鉄道・のりもの

わたしは絵本が好きで、いろんな絵本を買いそろえていたのですが、

うちの息子はこれでもか!というほど、電車しか興味がない。

 

ということで、どんな絵本が好きか、まとめてみます。

 

まずは0歳児のときに行ったリトミックで読んでもらった、

「がたんごとんがたんごとん」。

 

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

 

 

今までは、話はほとんど聞かず、ページを自分でめくるだけでしたが、

最近やっと、読み聞かせると、内容がわかるようになったのか、

「のせてくださーい」とわたしがいうと、

「はーい」と言ったりします。

 

 

保育園で何度も借りている、「でんしゃにのったよ」。

でんしゃにのったよ (こどものとも絵本)

でんしゃにのったよ (こどものとも絵本)

 

 同じように子どもが電車に乗って目的地に行く、というあらすじの

「しゅっぱつしんこう」を買ったものの、こちらは反応薄。

 

しゅっぱつしんこう! (福音館の幼児絵本)

しゅっぱつしんこう! (福音館の幼児絵本)

 

山本忠敬さんの生誕100周年記念の2冊も最近購入。

完全にわたしの趣味ですが。

「でんしゃがはしる」は山手線が一周する本。

子どものころ、新宿に行ったとき、ロマンスカーを見てワクワクしたことを思い出します。

品川の京急との交差もたまりません。

 

でんしゃがはしる (福音館の単行本)

でんしゃがはしる (福音館の単行本)

 

 

西武の特急レッドアローを見つけた息子は、

家にあるレッドアローのプラレールを持ってきて、

「同じだ」というアピールをしていました。

とっきゅうでんしゃ あつまれ (福音館の単行本)

とっきゅうでんしゃ あつまれ (福音館の単行本)

 

 

そして、しんかんくん。

これも、保育園で借りているのですが、かなりのリピート。

 

しんかんくん でんしゃのたび

しんかんくん でんしゃのたび

 

しんかんくんが泣いていると、

しんかんくんを指して「えんえん」と言ってきます。

 

絵本もいいけど、実際の電車を見せることが一番いいと思っているので、

これからもたくさんの電車に乗りたいなと思っています。

 

先日、京急の始発駅、泉岳寺から、久里浜線の終点、三崎口まで乗ってきました。

途中、息子は寝てましたが。。

f:id:joshi-julietta:20160605234354j:plain

広告を非表示にする
© 2013-2016 joshi-julietta