読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

いよいよ始まった、「2人目は・・・?」の呪縛

きょう読んだのはこれ。

dual.nikkei.co.jp

川上未映子「2人目の予定は?」と聞かれて[PR] | 川上未映子のびんづめ日記 | 日経DUAL

 

いままさに、わたしもいたるところで、

「2人目は…?」とか、

体調が悪いと「妊娠じゃないの?(ワクワクした表情)」と言われてしまい、

うーん・・・と思っていたところでした。

 

たしかにスーパーとか行くと、2人連れているママも多いし、

友達もだんだん2人目妊娠、出産というケースが増えてきました。

 

さらには、世の中的には夫婦(妻は専業主婦)+子ども2人が標準家庭とされているようです。

とはいえ、もうそれを標準にするのはおかしいのでは?ということみたいですが。

700万円で専業主婦と子供2人?標準家庭モデルの作り直しを急げ|それ、会社病ですよ|連載|WEB GOETHE

No Guts, No Growth. : 「年収500万円、4人家族」がモデル世帯というフィクション

 

で、別に標準家庭になりたいわけではないのですが、

わたしは一人っ子なので、自分の子どもには、兄弟をつくってあげたいと思います。

とはいっても、仕事しないとお金ないし、2人いて働き続けられるかどうかはわからない。

何より、1人目の妊娠・出産でいろいろとマイナートラブルがあり、

さらには、今月も皮膚炎が悪化し、いまも漢方を飲み続けている状況。

そもそも、授かりものだし、どうなるか誰にもわかりません。

 

なのですが、先日も近所のママと、女の子いいなーみたいな会話をしていたら、

「2人目できたら女の子かもね!」

と言われ(まったく悪気はない)、

「いやー2人目無理かも」

と言ったところ、えっ!というかんじで、

わたしの周りはけっこう2歳差で産んでる、とのことで、

ああ、そうなんだ・・・と思ってしまいました。

 

20代で1人目産んでたら、何の躊躇もなく、2人目も!となったのだろうか?

自分の20代を思い返したら、たぶんそれはない。

自分の好きなことを好きなだけやっていたので、まったく後悔はない。

 

それぞれの人にとって、最適なタイミングですべての物事が行われている、

はずだ。

 

最近、何年後には、息子は小学校入るから、もう少し仕事できるかな、とか、

いや、低学年のうちはまだセーブしようかな、とか

自分のキャリアをどうしようか、考えています。

(いまのところ、たいしたキャリアではないのですが)

next.rikunabi.com

ワーママが訊かれるとつらい「5年後、10年後のキャリアプラン」 - リクナビNEXTジャーナル

 

子どもは、子宝というぐらいだから、多いほうがいいのかな、

自分のやりたいことより大事なのかな、

でも、自分には自分しかできない社会貢献があるのなら、それをしたいな、

などと迷う日々です。

 

ま、結局は自然の流れに逆らわないよう、身を任せようと思います。。

昔買った、船井先生関連の本を読みなおし、あらためてそう思いました。

人を活かし会社を伸ばす100のキーワード (DO BOOKS)

人を活かし会社を伸ばす100のキーワード (DO BOOKS)

 

 

www.miraidenshi-tech.jp

船井幸雄の人間学を読んだ結果、やっぱり世の中「つき」と「天地自然の理」が最重要だと思った | 未来電子テクノロジー 

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta