女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

自治体の子育て相談に行ってきた!の巻。

うちの息子はついに1歳半をすぎ、どうやらイヤイヤ期突入?

…なかんじで、自分の思い通りにならないと地団駄を踏んだり、

すぐぐずる。

わたしは仕事と家事に疲れ、あまり相手できず…

外に行けば、じっとしていられず、あちこち動き回り、大声を出し、

ベビーカーに乗ったら、おとなしく座ることなく、立ってしまう…

おまけに母も体調を崩し、頼れるところもない。。。

 

と、2人3人育てている方はもっと大変だろうし、

まだまだ序の口だとは思うのですが、ちょっと疲れてしまい、

ためしに自治体の子育て相談へ。

oshiete.goo.ne.jp

 

保健士の方が話を聞いてくれたのですが、

さすがに子どもの扱いはうまい。

すっかり息子はゴキゲン。

 

肝心の内容は、まあ、そんなに突っ込んだ話はなく、

「誰でも通る道だから、、」的なかんじではありました。

 

話をしてスッキリした部分もあり、それはとてもよかったです。

ただ、「誰でも通る道」なのか。

子育ては楽ではないのは、つくづく痛感しています。

でも、うまくやれる人もいれば、やれない人もいる。

周りの協力を得られる人もいれば、無理な人もいる。

子育ては人それぞれ、同じ親であっても子どもによっても違うのではないかな、と。

 

そういう意味でいうと、アドバイスすることはとっても難しい。

ある人には通用しても、別の人にはそうはいかない気がするのだ。

 

私の母は楽だったと言っていたけど、むしろ思春期以降は大変だったと思う。。(笑)

 

どうしてこんなに子育てすること自体が難しくなってしまったのか。

情報はたくさん得られるのに。

 

気軽にきてください、いつでも相談に乗るからね、

と言われて、そう簡単に気軽に行けるのか、わたしは常々疑問に思っている。

気軽に相談できたら、そもそも悩まないよ。

 

保育園のママと話をする機会もなく、子育て広場のママとも悩み相談まではしたことがないし。

誰かに相談って、なかなかできない気がする。

いや、気軽にできてる人もきっといるんだとは思うのだけど。

 

栃木のママ友いじめで2人自殺というのもかなり驚いたけど、

母親というのは、何をよりどころにすればいいんでしょうね。。

breaking-news.jp

 

最近しみじみ思うのは、本当に子育てはサバイバルだな、ということ。

運や、動物的な勘とか、嗅覚もけっこう大事な気がします。

 

そのためには母親の休息も必要、ということ。

 

自分も含めて、毎日せかせかしてしまっている気がします。

洗濯機や掃除機など便利な機械がたくさんあるのに。

昔に比べて家事は楽になったように思えるけど、

ほかの問題が出てくる。

 

問題を完全になくすことは不可能。

ある問題がなくなれば、別の問題が出てくるのだ。

だから、問題とどうやってつきあっていくか、

どうすれば自分が疲れすぎないか、を考えることがよいのではないか。

 

というわけで、とりあえず、休息の場をうまく持てるようにしたいです。

ふぅ~と深呼吸!

f:id:joshi-julietta:20150714225809j:plain

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta