読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

育休中の上の子「保育園退園」問題について

わたしの出身地で騒動になっている保育園問題。

 

誘拐事件や、ダイオキシンなど、昔からあまりよくないニュースがたまにあったのですが、

エアコン設置市民投票に続き、なんだか騒がしいですね。。

 

所沢市は、これまでも保護者が子どもを家庭で保育することが可能な場合は、保育園を退園させる措置を取っていましたが、親からの要望などを受けて平成12年9月から各保育園の園長の判断に委ねる形で、事実上継続的な保育を認めていました。しかし、去年4月現在、市内の待機児童数は32人と埼玉県内の市町村で10番目に多く、待機児童問題がなかなか解消せず、所沢市は国がことし4月に「子ども・子育て支援新制度」をスタートさせたのを受けて生まれた子どもや親が病気の場合や、双子以上の子どもを出産した場合などを除いて、保育園に預けている0歳児から2歳児は原則、退園させる制度を設けました。
所沢市は救済措置として、保護者が仕事復帰する際に保育園にきょうだいそろって入園できるよう市と保育園は連携して調整を図り、優先的に再入園できる体制を整えているとしています。さらに、退園している期間中には保育園の一時預かりサービスが利用できる回数を増やすなど、子育て支援の充実を図るとしています。 

※以下のリンク先記事から引用していますが、

記事が削除されているようです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150625/k10010127191000.html

 

基本的には、育休中は、「家庭で保育できる」ことになります。

それはそうだと思います。

一応、優先的に再入園できるとありますが、今回の場合、テレビで見たのですが、

モーニングバード

特別枠で入園できる、とされているが、その枠が今回退園になる数よりかなり少ないらしい。

というのと、どうやら、保護者への通知が遅かったようです。

もっと早く知ってれば、と言っている方もいました。

 

日経の記事によると3月らしいですね、4月開始だから、そりゃ遅い。

www.nikkei.com


結局、「子ども・子育て支援新制度」のこと自体が保護者や保育園関係者、社会全体にきちんと広報されていなかったのも、なんだかなー、です。

 

joshinbun.hatenablog.jp

 

ほかの自治体はどうなのか、というと、

厚生労働省によりますと、保護者が育児休業を取得した際に、上の子どもの保育所の利用を認めるかどうかは市町村によって異なるということですが、待機児童が多い市町村でも子どもの生活環境が変わるのは好ましくないとして引き続き利用できるところが増えているということです。
このうち、待機児童の数が全国で最も多い東京・世田谷区では、保育所の利用が比較的長い3歳児以上の子どもについては引き続き利用を認め、2歳児以下の子どもについても保護者が仕事に復帰する目安となる1年余りの間は、育児休業を取得していても保育所を利用できるようにしているということです。

ちなみに、先日、神奈川県の山北町に行ってきたのですが、

観光情報ついでに、保育園のページを見たところ、こちらも原則退園のよう。

《育児休暇中の入所について》

  育児休暇を取得される場合、基本的には保護者の方が育児のために家庭にいらっしゃるので、「保育ができない」という要件に該当しなくなります。そのため、原則的には、入所解除(退園)となります。しかし、山北町では、育児休暇開始前に、3歳児クラス以上に在籍する児童については、保育園での団体生活の中で養われる社会性などの重要性に着目し、入所継続を認めております。

保育園について | 山北町

 

都心部と仕事や家庭の状況はおそらく違うと思うので、なんとも言えません。

ただ、やはり、待機になっている方からすれば、育休中にも保育園預けられるなんて、、と思うのもわかります。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

私は、パートなので、育休は関係ない立場になりましたが、

万が一、2人目、となったら、上の子は幼稚園に入れるしかないかな、と思ったりしています。。

途中で保育園退園になったら、幼稚園に途中から、っていうのは厳しそうなので。

ただし、幼稚園の預かり保育では時間的に無理な方もいるので、

そういう方は、もちろん保育園に通い続けるのが一番、と考えていると思います。

 

結論からすると、NHKのサイトによると、

厚生労働省「育休明けには優先的に保育所を利用できるようにするなど国の方針の範囲内の対応だと考えている。

と言っているくらいなので、解決するかは微妙だと思う。

でも、もし自分が待機児童側の立場だったら、どう思うのだろうか。

待機児童の根本的解決とは何か。

保育士が少ない、保育園を増やすこともできないなか、

どうすればいいのか。

保育園に入ることは運やタイミングの問題だけなのか。

そもそも、保育園に入れないと働くことができないのに。

 

そして、市長はブログをやっているようです。

blog.goo.ne.jp

保育園の保護者の皆さまには、既に情報をお伝えしてあるようなのですが、

一般市民の皆さまには、(今までも、ホームページに載っていたのですが)何回もクリックしなければならず、そこへたどり着かない、など

情報がよく伝わってはいませんでした。

とおっしゃっているように、

何回もクリックしないとたどりつかない、ホームページは意味がないですよね。。

 

これだけネットが普及しているので、情報にたどりつくような、ホームページをつくらないとダメだな、ということも考えた次第です。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta