読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

我が家では保育園をどうやって選んだか、を書いてみる、の巻。

保育園 就活・キャリア 行政

ふと思い返してみたら、保育園見学についてと、

保育園の申し込みについては何も書いてなかったので、

書いてみようと思いました。

 

☆まずは、保育園見学!

育休は1月までだったのですが、7月にいまの家に引っ越して、

9月から見学をスタート。

わたしが見学に行ったのは、7園。

 

1:認可外(マンションの1階、園庭なし、0~2歳のみ、園児人数かなり少なめ)

2:認可(ビルの2階でベランダが園庭代わりなかんじ、園児人数少なめ)

3:認可(独立した建物、園庭あり、園児人数少なめ)

4:認可(ビルの2階、園庭っぽいのはあるが狭い、園児人数少なめ)

5:認可(0~2歳のみ、園庭は不明、園児人数多め)

6:認可(独立した建物、園庭あり、園児人数多め)

7:認可外(マンションの1階、園庭なし、園児人数少なめ)

 

そのときに参考にしたのは、こちら↓

www.eqg.org

 

 

見学のときはわたしたち親子だけのところもありましたが、

だいたいは複数の人数で一緒に回るかんじでした。

 

時間の指定は午前と午後いろいろありました。

なかには昼寝中を指定されたところも。

どちらにしても1回、短時間見たところで日々の様子はしっかりわかりません。

 

男性保育士がいたのは1か所。

男性の園長が直接対応したところは2か所。

あとは女性でした。

 

ひとつ気になったのは、どこに行っても若い保育士さんが多く、

ベテランが少ないことでした。

 

☆そして選んだのは?

このなかで第1希望にしたのは、3番の認可園でした。

5番と6番は人気があるようで、係の先生が、今年は見学者も多いと話していて、

「入れないと思ったほうがいい」と言っていました。

そのふたつはとにかく園児の人数が多かった!!

ごちゃごちゃしていて、なんかなーとわたしは思い、少人数のほうがいいな、

と思ったのでした。

 

あとは外で自由にのびのび遊んでほしかったので、園庭があるところにしたかった。

そして、駅にも家からも近かった3番を選びました。

 

4月入園の申し込み期間が1月入園分より早かったのですが、

両方の申し込み書類を一気に準備。

転入してきたため、前住所の市の課税証明書を取りに行ったりしました。

 

市の窓口に申し込みに行くと、

「途中入園は厳しいので、認可外も考えておいてくださいね」

と言われたものの、第1希望にあっさり入園決定。

 

☆実際入園してどうだったか

園庭で毎日のびのび遊んでいるようで、本当によかった。

ただ、若い先生が多かったのはやはり気になり、

参観日に食事の様子を見たら、早く食べさせないと、とイライラしているかんじだった。

あと、離乳食はクラスでうちの子だけ進みが遅かったのですが、

早く卒業させたいようでした。

めんどくさいのかな?

さらに、お迎えのときもそっけないかんじ。

と、思ったら、新年度からはベテランの先生が担任になり、だいぶ安心。

注意深く見てくれているようです。

「卒乳はうまくいきましたか?」

など、いろいろ話してくれて助かっています。

 

何が正解なのかはよくわかりませんが、

認可保育園に入れるかどうかは、自治体が決めるので、

自分がいいと思える園に必ずしも入れないのは、うーん、、ってかんじですね。

 

で、いま読んでいるのはこれ。

ルポ 保育崩壊 (岩波新書)

ルポ 保育崩壊 (岩波新書)

 

いろいろ疑問に思っていたことが解消!の一冊です。

 

保育士が過酷な労働状況で辞めていくなかで、

そんなところに預けて仕事をすることは、果たしていいことなのでしょうか。

うちの保育園は次々に先生が退職、なんてことはありませんが、

実際そういう園もあるそうです。

 

働くお母さんの勤務時間が長くなればなるほど、

園の開いている時間は長くなり、保育士はその分働いている…

シフトは複雑になり、疲弊して辞めていく…

 

女性の活用!少子化対策!という前に、

保育士の雇用問題をなんとかしてもらいたいです。

そうでないと保育の質も低下します。

 

そして、どんどん子どもを産んで、また働こう、とはならないと思います。

f:id:joshi-julietta:20150605214937j:plain

 

 

 

広告を非表示にする
© 2013-2016 joshi-julietta