読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

子育てしながらでも働ける!パート勤務できる職種が広がっている、らしい!

きょうの日経朝刊より。


パート勤務、職種広がる 管理や企画などにも :日本経済新聞

 

わたしも今月より仕事を始めましたが、週4日でフルタイムではありません。

しかし、都合のよい仕事がなく、パートとなると、近所のスーパーやコンビニ。

今までやってきた仕事に近いもの、となると、週5日がほとんどで、

仕方ないか、と思っていましたが、なんとか見つけました。

 

記事によると、

管理や企画、人事といった職種で、働く日数や時間を限定したパート勤務が広がっている。これまでは正社員が担当することが多かった職種だが、ベンチャー企業などでは経験を積んだ人材の採用意欲が高くなっている。 

ということで、

 企業側からは、新規事業の立ち上げメンバーや人材サービス会社の市場分析の担当者などの募集が目立つ。

んだそう。 

 

やはり、専門職というか、専門知識があると強いな、と思ったのが、

今回わたしも就活してみての感想です。

 

それはすぐにつくられるものではなく、ある程度の年数のキャリアがあってのもの。

自分の専門性を深めていくといいのかな、と思ったりします。

ひとつの会社で辞めずにいられればいいけど、いったん辞めて再就職、となると、

自分のキャリアについて、常に考えておかないと厳しい気がします。

 

仕事の専門性を深めることも重要かもしれませんが、

自分の性格の強み、みたいなものも意識するのが大事なのかな、

と、東洋経済の記事を読んで思いました。

 

きっと私、ごちゃごちゃしているものを整理するのが好きなんです。

とか、

今、毎日同じ家事をしていますが、それもまったく嫌いじゃありません。昨日より早くできたとか、この収納出しやすくなったとか――

 

自分が何をするのが好きなのか、何をするのが得意なのか、

何をしてるときが楽しいのか、とか…

そういうことを意識してみるといいのかな。

「働きたいママ」のキャリアコンサル実況中継 | WORK AGAIN | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

そう考えると、わたしはどうなのか、というと、

この記事のえみさんと同じで、整理は好きだけど、料理は苦手ですね(^_^;)

 

わたしが心に留めている言葉は、

不得手なことの改善に
あまり時間を
使ってはならない。

自らの強みに
集中すべきである。

無能を並みの水準にするには、
一流を超一流にするよりも、
はるかに多くの
エネルギーと努力を必要とする。

 

ピーター・ドラッカーの名言 | 地球の名言

 

以前、自分のできないこともできるようにしないといけない、と勝手に思って、

いろんなことを、あれも、これも、勉強しよう、

とがんばっていた時期があるのですが、

はっきりいって、それはまったくのムダ!!

全部が中途半端だったし。

それよりも、自分のできること、強みをのばすことのほうが大事なんだ、

と思いました。

 

でもその「強み」を知ること、気づくことが、

一番難しい気がします。。

 

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta