女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

ベビーシッター事件に思う、いま、子育てをどうやっていけばいいのか?

先日、ベビーシッターに預けた子どもが亡くなった事件は、

衝撃的でした。

【ベビーシッター事件】容疑者「責任感じる」と供述 - MSN産経ニュース

 

1:ベビーシッターのマッチングサイトがあり、

個人と個人でやりとりしていたということ。

 

2:ベビーシッターを使うのは、どちらかというと高所得者層だと思っていたが、

そうではないということ。

 

母がかつてベビーシッターをやっていましたが、

会社に所属してやっていてそれが普通だと思っていたので、

まさか個人でやっている人がいるとは!

 

また、行った先の家族が医者や教師だったと話していて、

費用がかかるので当然かもしれませんが、

金銭的に余裕のある人が利用するものだと思っていました。

 

しかし、いまや保育園に入るのも大変な状況、

どこかに子どもを預けたいけどお金がかけられない、というとき…。

大手のベビーシッターを利用するのではなく、

こういったマッチングサイトを利用してベビーシッターを探し、

預けざるを得ない状況があるわけなんですね。。

 

もちろん、身内などに預けられればいいけど、

そうもいかない場合、

結局お金がないと、子どもを育てられないのか…?

 

特に今回の事件のようなシングルマザーはどうしたらいいのか?

(ニュースの扉)室井佑月さんと訪ねる保育の現場 我が子のため、疲弊する母親:朝日新聞デジタル

 

 作家・室井佑月さんは、シッターを雇った母親を責める声があることに違和感を持つ。母親は夫がなく、男児2人を育てていた。

室井さんも、出産から半年ほどで離婚。月60本の原稿を抱えながら、一人息子を育ててきた。

「それでもお金があれば、心の余裕も子供の安全も、ある程度買えた。でも、ない人はどれだけ切羽詰まるだろう」

 

  「人のつながりが少なくなって、いまは親になることのハードルが上がってしまっている。産んだら、それで終わりじゃない。育てることをもっと支援していかないといけないんだと思う」

 

人のつながりがあるのが一番だけど、いまはそれが難しくなってしまった。

じゃあどうすればいいのか。

 

と書いてみても、結局、人のつながりを持つことが一番なのではないか、

と思ってしまう。

 

いくらお金があっても、孤独だったらつらい。

 

とはいえ、まずは生活できないとどうしようもないのだけれど、

気軽に相談できる場があってほしいな、とは思います。

 

でも、自治体で相談窓口ってあるけど、

川崎市:育児に関する相談窓口の紹介

自分だったら何かあったときに

「あ、市に相談してみよう!」って思うかな?

…そうは思わない気がします。

お金がないと、精神的にも余裕がなくなる。

そんなときに、どこかに相談しよう、という余裕があるのだろうか。

 

とりあえず、とにかく子どもが幸せであることが、何より目指すこと。

いろんな家族がいて、みんなそれぞれの生き方があると思いますが、

「お金がない」などの家庭事情は、子どもが選んだことではありません。

 

だからといって、どこまで社会全体でサポートするべきなのか。

わたしにはわからないけど、自分には関係ない、という問題ではない。

 

「生まれてこなければよかった」

と子どもが思うことほど、悲しいことはないと思います。

逆に「生まれてきてよかった」と思ってもらえるよう、

身近に困っている親子がいるのであれば手助けしてあげたい、

そして、そう思う人が増えればいいなと思います。

 

↓きょうのNHKすくすく子育てより

f:id:joshi-julietta:20140412220344j:plain

f:id:joshi-julietta:20140412220622j:plain

 

 

子育ては正解がないから難しいよねぇ。。

ただでさえ、いろいろ迷うこといっぱい!!

でも、その分得られることもたくさん。

みんなが幸せな気持ちになれますように。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta