読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

背伸びはダメよ!よい学校に入ることより、よい家庭を築こう

世の中はお盆休み。でも、わたしは仕事です。

 

というわけで、会社へ向かう電車は空いていますが、

当然いつもと違う方々が多い気がします。

たとえば親子連れ。

 

で、けさ遭遇した親子がかなーり気になりました。

 

≪登場人物≫

Aさん(Y子ちゃんのママ)

Y子ちゃん(おそらく幼稚園くらい)

Bさん(Aさんのママ友らしい)

 

静かな車内に突如、ハイテンションな話し声が。

Aさんでした。

いろいろと一生懸命話しているAさんですが、それを聞いているBさんはやたら冷静で言葉少な。

なんか噛み合ってないな~と思っていました。

 

Aさんは「申し訳ないですが今度の会、ご一緒していいですかぁ」

「●●さんもいらっしゃるんですかぁ~?」

などと言葉遣いは丁寧だけどなんか不自然。

Bさんには頭が上がらないのかやたらペコペコしている印象。

 

そして、Y子ちゃんが話しかけると「そうよ、●ちゃんもいらっしゃるのよ」

と同じく丁寧な受け答え。

 

言葉遣いも教育として徹底してるんでしょうか。

でもY子ちゃんは普通だったけど。

 

話の内容から推測するに、どうやらY子ちゃんの姉が小学生で、

「宗教の先生が…」と言っていたので、私立の模様。

 

ああ、なるほど。

 

と思っていたら、「じゃあまたあした~」とAさんの声。

Bさんは静かに途中駅で下車していきました。

 

と、ここで事態が急変。

 

Aさんは人格が変わったかのように、テンション急降下。

Y子ちゃんの話しかけに対して、

「え?●●なんじゃないのぉ?」と投げやり。

 

さらには急に「ちょっとわかってんの!?」などとキツイ口調で話しだしたので、

子どもに対してそんなこと言うか?と思ったら、どうやら、電話をしている模様。

Aさんの口調は終始厳しく、「またでたよー」と言って電話を切った!

「ねぇ、どうしたの?」と繰り返し聞くY子ちゃん。

「パパが会社休むってさ!」(もしかしてしょっちゅう休んでる?)

 

あああ…こりゃダメだ…。

 

たったこれだけしか見てないので、わたしがとやかく言う立場ではないのは百も承知ですが、

無理して私立に行かせている家族なんだな、と思ってしまったのです。。

このかんじだと、旦那さんは正直そんなに熱心じゃなさそう。

たぶん教育のこととかそこまで考えてなくて、

Aさんの見栄が優先されてしまったのでは、、

と勝手に思いました。

 

Aさんの家庭は私立に通わせられる経済力はあるのかもしれないけれど、

それよりも家庭が円満かどうかではないでしょうか。

 

身分に合わないことを無理してしても、

家族関係にゆがみが出るのなら、それは違うのだと思います。

 

ちなみに、Aさんがキレて電話を切ったあと、Y子ちゃんはかなり心配そうでした。

子供心にいろいろ考えているかもしれません。

 

パパとママがケンカしているところを見て、誰もいい思いなんかしませんよね。

 

もちろん、よい学校に入れば、教育環境も充実しているだろうし、

しっかりとした見識を得られて、子どもの成長にとっては何ら悪いことではなく、

むしろいいことだと思います。

 

でも、それよりも親子の関係、夫婦の関係、家族全体の関係が

子どもの成長に関わるということを一番に考えなくてはいけないのでは?

 

ついつい、「よい学校に入れる」という目標が前にきてしまいがちですが、

本当に目標にすべきは「家庭円満」。

 

そういえばわたしは小さいころ、家族がケンカ(or言い争い)しているところは見たことがなかった。

実は誰かが我慢していたのかもしれないけど。

でも、何も考えずにのんびり生活できたから、よかったのかなと。

のんびりしすぎて、社会に出て大変ではあったけどw

 

最低限、子どもの前でケンカをしてはいけないと思う。

子どもを不安にさせてはいけないと思う。

そういうことを子どもは敏感に感じ取っているから。

 

もし周囲と生活のレベルが違ったとしても、

家族みんなが自信を持って楽しく生活しているならそれでいいじゃないですか。

 

背伸びするということは、自分に自信がないということ。

変に劣等感を持ったり、焦ったりしたら、家庭の雰囲気が悪くなると思う。

それは結局、誰もいい思いはしない。

 

オバケット的百問百答?Q88 手取り600万で私立に通わせることができますか?? - 母の人生に、子どもの受験あり !

のコメントのなかに

卑屈にならずにプライドをもってやっていけるかどうかの方が、母親の精神状態を左右するような気がします。裕福かどうかは関係ないです

と書いている方がいて、そうなんだろうなと思います。

 

教育は学校の先生がやってくれるものではなくて、親の心がまえみたいなものが重要なんじゃないかなと痛感しています。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta