読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

おなじみドクター中松ほか、参院選東京都選挙区の政見放送を見る、の巻。

いつも、朝のテレビはNHKのおはよう日本で固定。

選挙の時期は途中で政見放送が入ります。

 

で、どうしても見てしまうわけですが、

朝のしたくをしながらなので、そんなに頭に入っていません。

 

しかし、きょうはついテレビの前に座ってしっかり見てしまった!

なぜならドクター中松中松義郎さん)だからだ!

 

本当は1番目の丸川珠代さんを見たかったのですが、

別の部屋に行っていて、戻ったら終わっていました。残念。

 

そして、本日2番目がドクター中松

NHKらしい、淡々としたアナウンスでの経歴紹介のあと、スタート。

 

要旨としては、

政権交代したけど、もとの政党に戻っただけだし何も変わってないぞ!

ダメの2乗になっただけだ!

外交ができる政治家が必要だ!

クリエイターが政治家になるべきだ!

ふさわしいのは、僕です!(そうきたか)

みたいな。

 

いつも思うのですが、政見放送に限らず、党の上の方とか、

演説に慣れている方はやっぱり話がうまい。

落ち着いて聞けます。

政治の方向性は別として。

 

しかし、ドクター中松はなんだか説得力がないし、

吠えてるだけにしか見えなかった。

自分が当選したらこれができます、というのもないし。

 

腕を大きく広げてテーブルを手で押さえているのも気になった。

姿勢とか体の動きって本当におもしろい!

このまえは話している最中、やたら手の動きが大げさな人がいて、それはそれでどうなのかと思いました。

一生懸命伝えようとしているのだろうけど、

たとえば安倍首相ならそうはしてないよな、と。

 

でも、あと何回ドクター中松を見られるのだろうか、とふと思い

さみしくなったあと(笑)、

次の松本実さんの第一声が「美智子様、天皇陛下…」。

 

延々、明らかにカンニングペーパーをガン見。

天皇陛下への手紙を読んでいる感じで進むという斬新なスタイル。

しかも、いっさいカメラへの目線なし。

おいおい有権者置いてけぼりだぞーと思いました。

とにかく、天皇陛下と美智子様のお写真で紙幣を作りたいとかなんとか。

 

どうやらこの方、前回も出馬して落選している模様。

手紙の合間にSNSもやっている、と言っていたような気もしたので、

twitterを見てみたら、2010年に数回つぶやいて以来、ずっと放置!

松本実 (matsumoto_minor)さんはTwitterを使っています

 

という嵐が去ったあと、本日最後の方は女性で、さわやかな風が吹き込みました。

でも、こんな最強メンバーのあとのせいか、いいことを言っていたはずなのに、

強いものがないというか、ただ単に優しいお母さんという印象。

お子さんが小さいとき脳腫瘍になったそうですが、

いまは元気に成長して高校生だそうです。本当によかったですね。

 

有権者に覚えてもらわないといけないので、

キャラクターは重要だけど、それだけではダメ。

言っていることが正しいだけでもダメ。

 

なんだか就職・転職の面接にも通用しそうですね。

 

そんなこんなで、東京選挙区はまだまだ強敵がたくさんいます。

マック赤坂又吉光雄又吉イエス)、山本太郎…。

間違えて同じくくりにしてしまいそうな、桐島ローランドも気になるなー。

選挙区 東京 候補者 参議院選挙(参院選)2013 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

とりあえず、次回以降の放送も楽しみにしたいと思います。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta