読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

結局、マタハラ(マタニティハラスメント)の当事者になりそうな件。※追記あり

最近よく聞く「マタニティハラスメント」、略して「マタハラ」。

広がる「マタハラ問題」への反響 対立ではなく長期的視点で理解を|inside|ダイヤモンド・オンライン

 

わたしはつわりがすぐ来たので、早めに上司(アラフォー・子持ち・女性)に報告して、

ただ、点滴が必要になるなど、ひどい状態になり、

いつ復帰できるかわからないので、辞めることも考えます、

と伝えると、「またがんばってほしいので、ゆっくり休んでください」とのこと。

体調が落ち着くまで休み、つい最近復帰。

 

…と、ここまではよかったものの、

どうやら、この上司の、さらに上の立場の人間(たぶん40代後半くらいのお局?・女性)

が快く思っていなかったことが判明!!

 

しかも、アラフォー上司は、お局に通さずに判断していたようで、

あとで知らされ、お怒り?なかんじのご様子。

(なんだか感情的な問題?)

 

で、急に、いくらなんでも休みすぎじゃない?

この人継続で大丈夫なの?ってかんじになっちゃったっぽく、

契約の打ち切りもありうる、ということを伝えられたのであります。。

(えーわたしはちゃんと状況を早めに伝えたのに…)

 

すでに契約があるものを短縮させられるかもしれないみたいなのですが、

「妊娠したことを理由にして、解雇など不利益な取扱をすることは、男女雇用機会均等法によって明確に禁じられています」

とのことで、法律的には違反のよう。

「妊娠したらクビ?」 妊娠・出産にからむ「マタニティ・ハラスメント」への対処法(弁護士ドットコム) - BLOGOS(ブロゴス)

 

一応、うちの職場は女性が多く、女性にやさしい職場ってかんじなんですが、

やっぱり女の敵は女!

 

体に無理をして働けない。でも働ける人まで辞めさせられるのはおかしい。

結局、女性が働き続ける環境(土壌)ができていないことが問題。

 

そりゃ、いつ休むかわからない人間に仕事は任せられませんよねぇ。

しわ寄せは、ほかの社員にいくわけだし。

それもすごくわかります。

 

うーん、、この問題は解決できるのでしょうか。。

 

女性はやっぱり家庭におさまるべきなのでしょうか…??

 

でも、男性の収入が減っている今、

女性も働かないと生活が厳しい、というところは多いと思います。

(もちろんうちも) 

逆転する男女の可処分所得---流研オピニオン:コラム - 流通経済研究所

 

家庭におさまりたくてもできない人たちがいるわけなので、

社会の意識やしくみを早急に変えていくべきなのではないかなー、

などと思っています。

 

※7月11日追記

結局、契約打ち切りはなくなりました。

このような労働問題で泣き寝入りしないよう、

法律を知っておくに越したことはないなと思いました。

「勝手に辞めるな!辞めるなら迷惑料払え!」こんなブラック企業に負けない術と法律知識|知らなきゃマズい!法律知識の新常識|ダイヤモンド・オンライン

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta