読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

移動手段がないときどうしよう!子育てタクシーなら安心!

つわりで動けないとき困ったのが、ひとりで病院に行けないこと。

バスはあるけど、バス停からまた病院まで歩くし、

バスのなかで気持ち悪くなったらどうしよう…と思うし、けっこう面倒。

 

で、今回知ったのが、「子育てタクシー」。

タクシーで子育て支援 | 青葉区 | タウンニュース

 

妊婦OK!

もちろん子連れでの乗車、そして子どもだけの乗車もOKとのこと。

なので、幼稚園や習い事などに付添いできないとき、

タクシーの運転手さんが送迎してくれるんだとか。※原則4歳以上

ただ、事前の登録が必要。

あらかじめ、準備しておかないとですね。

横浜・鶴見【東宝タクシー】子育てタクシー

 

また陣痛のとき、万が一破水したときのためのビニールシート完備で、

安心して病院まで送ってくれるサービスがあるところも。

地域密着型の横浜タクシーは朋栄交通。相鉄線西谷駅専用乗り場、早朝予約システム、空港定額運賃など。タクシードライバー募集中!【神奈川県横浜市】|子育てタクシー/陣痛119番

 

料金は一般のタクシー料金と変わらないそうです。

 

うーん、、しかし、うちの近くのタクシー会社がないのが気がかり。。

協会加盟タクシー会社一覧 : 一般社団法人 全国子育てタクシー協会

 

ふだんの通院ならまあ、旦那に運転してもらって、とかもできるけど、

陣痛はいつ起こるかわからないから、旦那がいるとは限らないし、心配ですね。

 

元気なときはいくらでも動けるので、まったく気にしなかったけど、

こうしてつわりでしんどい状態になってみると、

「移動する」ということがこんなに大変なことなのか、と身にしみて思います。 

 

病院が家の近くにあるとは限りません。

山間部などの過疎地に行けば、もっと大変な状況ではないかと思います。

 

元気なうちはどうにでもなりますが、

動けなくなったときのことを考えると、自分の住む家の周りに、

日常生活に必要な店、病院、施設などがあるかどうかきちんと考える必要があるのかなと思いました。

 

なので、たまプラーザで駅前に高齢者向けのマンションができて、

商業施設や医療施設もまとめて入っているという話は、

理にかなっているというか、やはりそういう流れになるよなーと。

東急、たまプラ駅前に定借マンション 高齢者の住み替え狙う :日本経済新聞

たまプラーザテラスに2013年3月1日「リンクプラザ」がオープンしました (港北・長津田・青葉) 魅乃るさんの旅行ブログ - 旅行のクチコミサイト フォートラベル

なぜあざみ野なのか?なぜたまプラーザなのか? - 女子新聞手帖

 

たぶん、駅から遠かったり、多少交通の便が悪いところであっても、

常に頼れる家族や近所の人がいれば問題ないのだと思いますが、

なんといっても核家族化が進んだから、

企業などが行うサービスに頼らざるを得ないのかな、と思います。

 

ただ、よくあちこちの自治体で運行しているコミュニティバスは、

なかなか採算はとれないようですし、 

かといって、移動手段を持たない人はどうしたらいいのか、

よい方法はなんなのか、とずっと試行錯誤していく問題みたいです。

横浜市 道路局 企画課 バス交通に関するよくある質問 コミュニティバスに係わるもの

長尾台コミュニティーバス試行運行へ、採算性を再検証/川崎:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

 

どっちにしても、こうやって社会全体で助け合って、うまくやっていければいいですよね。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta