女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

「専業主婦VS共働き」オンナの人生いろいろよ~

まあ、またお休みでNHKのあさイチを見ていたわけですが、

「オンナの選択 “専業主婦”第2弾 」ということで、

かなり熱かったです。

キラキラ40+ オンナの選択 “専業主婦”第2弾 |NHK あさイチ

 

途中から見たのですべての内容はわからないのですが、

室井佑月さんが

「人それぞれの事情があるんだから、他人にどうこう言われるものじゃないじゃん」

みたいなことを言っていて痛快でした。

 

「やむを得ず専業主婦」が取り上げられていましたが、

わたしの場合は「やむを得ず共働き」ですね。

金銭的に共働きじゃないとキツイので。

 

共働きの方が出産を終え、仕事復帰することを専業主婦の友達に言ったら、

「子どもが一番大事じゃないの?」

「3歳までみないとかわいそうよ」

とか言われたらしい。

 

まあ、これも軽くあしらうしかないですよね。

働くしかないのなら。

 

わたしの周りで専業主婦がいないから実感がないだけかもしれないけど、

それぞれ世界が違うから仕方がないのだと思います。

 

働いていれば、社会で評価されるけど、

専業主婦だって、大事な仕事なのになかなか評価されにくいものだから、

こういうことが起こるのかなと。

特に仕事をあきらめた方にとってはツライのかもしれません。

 

これはやっぱり旦那さんやほかの家族の考えによるのかな。

自分の病気や家族の介護で仕事ができなくなることはどうしようもありませんが、

旦那に転勤が起こりうるか、仕事はしてもOKなのか、

はじめにきちんとコミュニケーションをとっておくのが大事なのかも。

 

「子どもが家に帰ったときにお母さんがいてほしい」 

 という声がありましたが、たしかにホッとしますよね。

うちも母がずっと働いていたので、正直いてほしかった気はします。

 

でも、何が正解とは言えないもの。

人生いろいろなんで、人それぞれでいいんですよ。きっと。

© 2013-2017 joshi-julietta