読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

兄弟姉妹を分け隔てなく愛すること

きょうの日経朝刊ニュースクール面のコラムから。

 

当時小学生のYさんとAさん。

ふたりの親はともに教育熱心で「勉強しなさい!」というかんじだったそうだが、

大人になったYさんとAさんの、親に対する感情はぜんぜん違ったとか。

 

Yさんは楽しいはずの幼少期が親によって奪われたと親を嫌い、離れていった

Aさんは親のおかげで今の自分がある。親孝行をたくさんしたいと思っており、

感謝の気持ちでいっぱいだった

 

なぜこんなに違ってしまったんでしょうか?

  

★Yさんの親

勉強ができないことははずかしいことなのよ。。

優秀じゃないと親戚や世間に顔向けできないじゃない。

え!お隣の●●ちゃんは▲▲学院中学?

Yちゃんもそのぐらいのレベル目指さないと!!

お姉ちゃん、またテスト満点?よくできていい子だわ~!

もう!お姉ちゃんと違ってあなたはもっとがんばらないとね。

 

★Aさんの親

志望校?そうね、Aちゃんが気に入った学校に行けばいいわよ。

XX女子中学なら楽しく過ごせそうかしら?

このまえのテスト結果は、ダメだったのね、

でも一生懸命やったならそれでいいのよ。

お姉ちゃんもAちゃんもみんなかわいくて大好きよー。

 

みたいなかんじ。

(多少脚色)

 

ということで、

結局は親の愛情の違い。

 

どうしても兄弟姉妹で優劣をつけてしまいがちですが、

たとえば、勉強ができればママに認めてもらえるかも、

というモチベーションで勉強しても、あとでむなしくなるだけです。

 

そのためには、勉強ができるかできないか、ではなくて、

その子のできるところを見てあげる、

やりたいようにやっていいのよ、と認めてあげることが大事だと思います。

 

学校のお勉強ができても、社会に役立つ人材になれるとは限りません。

 

社会はいろんな人がそれぞれのできること、役割があってできているわけなので、

いろんな人と出会ったりして世界を広げることのほうが、

結果、優秀になれる道だと思います。

 

一番になること、他人と比較して上に行くことが「優秀」ではないと思うし。

 

でも、ママカーストもそうですが、

誰しも、他人と比較して優劣をつけたいものなんだなーと。

「リーマン」は蔑称?おそろしいママカーストの実態 - 女子新聞手帖

 

これは、代々、連綿と続いてきた親の育て方のせいなのでしょうか。

Yちゃんのお母さんも悪気があってそうしているわけではないと思います。

でも、「そうしてしまった」のだと思います。

これはもしかしたら、Yちゃんのお母さんもそう育てられてきたのかな、

と勝手に想像してしまいます。。

 

「母の呪縛」という話も前にしましたが、

特に、母と娘ってほんと難しいですねぇ。。。

断捨離で「母の呪縛」を解く?断捨離は闘い?親の思考は子に影響する! - 女子新聞手帖

 

でも、きっと、親から離れていったYちゃんも時がたてば、

気持ちが変わってくるかもしれません。

 

いまは嫌いかもしれないけど、やっぱり親は自分を生んだ親だから…。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta