読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

子どもの予防接種の数が増加、で考えること

きょう朝のNHKおはよう日本で、予防接種の話題が取り上げられていました。

 

予防接種は いま(1)増える 子どもへの接種---これまでに放送した内容 | おはよう日本 首都圏 | NHK@首都圏 

 

「今月1日、法律に基づいて行われる定期の予防接種の対象に、

幼い子どもがかかる細菌性髄膜炎を予防するワクチンなど、3種類が追加」

ということで、お母さんもたくさんありすぎて大変です!!

 

なので、お母さんたちにスケジュールを把握してもらうよう、

病院でも次の接種の予約をさせるようにしているのだそう。

 

そんななか、スケジュール把握のためのアプリも!

これで管理すればバッチリですね☆

Know VPD! - VPDを知って子供を守ろう 予防接種スケジューラーアプリのご紹介

 

さらには、「定期接種で受けられるワクチンをもっと増やすべきだ、

という声も上がっています」

ということで、

「ことし2月、保護者や小児科の医師らでつくる団体が、

水ぼうそう、おたふくかぜ、B型肝炎のワクチンを定期接種に加えるよう国に要望」

しているらしい。

 

…と、これを見ていて思ったのは、、

当然、予防接種は病気を防ぐのに必要なものですが、

いくら接種の種類を増やしても、たぶんこの世から病気はなくならないでしょう。

でも病気になって、それがもし治らなかったとき、

「医者はなんで病気を治してくれないんだ」だとか、

「どうして防げなかったんだろう」

と、ついつい思ってしまいがちです。

 

守れる命を守ることは、当然のことです。

ただ、「医学が進歩しても、なんでも治せるものではない」

ということも知っておく必要があるのではないでしょうか。

 

ちなみに、治らないイメージが強かった小児がんは、

昔にくらべてかなり治るようになってきたんだそう。

つなごう医療 中日メディカルサイト 聖路加国際病院副院長 細谷亮太氏に聞く 小児がん治る確率高く

 

※ただ社会人になって、安定した仕事に就くことが難しいのが現状。

がんを乗り越えて働きたい 始まった小児がん就労支援 - NHK 特集まるごと

 

また、重い病気や障害を抱えながらも命を落とさず、生活できるようになっています。

子どもが病気で命を落とすことは以前より格段に少なくなった。

しかし、病気はなくならないし、「治らない(治せない)病気は必ずある」という、

あたりまえのことを忘れてしまっているように思うのです。

子ども亡くす親の気持ち分かり合える機会が減ってきた―細谷亮太聖路加国際病院副院長|ニュース|ロハス・メディカル

 

もし、不慮の事態で子どもを亡くしたとしても、

それは誰かを責めることでもないし、

当然、親のせいでもないし、

がんばってもどうにもならないことがあるということなんだと、

わたしは思います。

 

新生児の死亡率も急激に減少。

乳児・新生児の死亡率変移をグラフ化してみる(1899年以降版)Garbagenews.com

 

ということは、一昔前までは無事に成長して大人になることは

本当にすごいことだったのだと思います。

それだけ、病気や死は身近にあったということ。

生きていることがあたりまえになった今、

そういうことをもう一度考えておくべきではないか、と思います。

 

自分はたいしたことのない人間だ、とか、

生きていても仕方がない、と思う人がいるかもしれないけど、

ぜったいそんなことはない!

 

病気や死があるからこそ、

いまここに生きていることは、ただそれだけで、ほんとうにすごいことなんですよね!

f:id:joshi-julietta:20130409223837j:plain

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta