読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

「いつやるか?(変えるのは)今でしょ!」とはいかなそうな、男と女の働き方

きょう読んだ記事より。

 

ガラパゴス化している、日本の女性活用 トレンド 東洋経済オンライン 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

育休から復帰して時短勤務をやっている人が、しっかりとした戦力になるかと言われたら正直微妙。

定着して離職は減っても、企業内で女性活用ができないじゃん!

ということらしい。

 

たしかに、復帰した方はほぼ時短勤務となり、

あまり負担にならない仕事(部署)に変わることが多い気がします。

(もちろんそれぞれの会社による)

でもしっかり仕事をされて管理職に昇格している方もいるので、一概には言えませんが、

モチベーションが低くなる方もいるように思います。

 

しかし、外国では育休や時短がないところも多いらしい。

でも、日本だけどうしてこうなのか、ということ。

 

これは単純に、男性が家事を協力できないことではないでしょうか。

 

同じ東洋経済オンラインにあった記事で、電通でバリバリ働くワーキングマザーの方が、

「男性の長時間労働はどうなんだろうという気がします」

と言っていることに同意です。

 

電通”クリエイター母”の、超「達観」語録 ワーキングマザーサバイバル 東洋経済オンライン 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

うちの旦那も帰宅は10時を過ぎることがほとんどなので、

最初から「俺は平日は家事できないよ」とはっきり言ってました。

(でもたまに早いときがあるとやらせてしまうわたし…)

 

イクメンが増えることはいいことだと思いますが、

日本の一般的な企業の労働時間がこうなっている以上、

仕方がないという気がしてしまうのです。

 

あと、常々わたしが気になっているのは、

出世したいと言っている人がいないことです。

(わたしの周りだけですけど)

 

旦那の給料でやっていこうと思えばやっていける。

でも、子どもとずっと一緒はつらい。

自分の時間もほしい。

社会とつながっていたい。

それなりに働ければいい。

…と言っている人が多いです。

(あくまでわたしが聞いた限りでは)

働きたい、働かなくてはいけない、というよりは、

家にいるよりは働いていたほうがいい、というようなかんじ。

 

それと、20代で「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という保守的な考えを持つ人が増えたという話も。

つまり、専業主婦志向になっているらしい。

ただこれも、なりたくて専業主婦になる、というわけではない気がします。

 

(↓調査は滋賀県のみ)

20代女子で増えている? 「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」 J-CAST会社ウォッチ

 

そして最後に、

「本書(注:白河桃子さんの著書)の独身男性の座談会を見ると「夫より稼いでほしくない」「自分より早く帰ってきて、子育てもできるぐらいゆるく働いて」

など、男性と現実のかい離も大きいように感じます」

働かなければいけない時代に! 白河桃子氏が現代の専業主婦願望に警告 - サイゾーウーマン

Amazon.co.jp: 専業主婦に、なりたい!? “フツウに幸せ”な結婚をしたいだけ、のあなたへ: 白河 桃子: 本 

 

とあるように、結局は男性と女性の意識の違いが大きく、

しかも、一番やっかいなのは、男のプライドかも!

 

もし自分の母親が専業主婦だったとしたら、

両親の姿を見ていて、無意識に「男は働く、女は家を守る」のが普通と思っている、

という可能性もあると思います。

(逆に共働きなら、共働きは当然、と思えそう)

 

全員そうだとは思いませんけど、

もしそうなら、これはもうどうしようもない!

 

もちろん、専業主婦を求める男性と専業主婦になりたい女性ならマッチするからいいのですが、

結局、みんな仕方なくその道を選ぶ、っていう場合が多いような気がして、

なんだかな、と。

幸せであれば、働いても働かなくてもどっちでもいいと思うのですが。

 

なので、「今すぐ変えるにはなかなか難しい~!」という結論となりそうです。。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta