女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

この親にしてこの子あり!角川春樹氏の娘さんが経営する保育園が、いい意味でヤバイ!

ネットサーフィンしていてこんな記事を発見。

 

「保育士はキツい仕事」を打ち破る! ウチの園が働きやすいワケ - サイゾーウーマン

 

保育士の離職率の高さは、いままでかなり言われていたことですし、

実際、友人も「拘束時間が多くキツイ」という理由で短期間で辞めています。

「子どもは好きなんだけど…」と言っていたけど、

それだけでは務まらない仕事なんだな、と思っていました。

 

でも、保育士が定着しない保育園に預けたくないですよね?

 

上の記事にあった保育園は、待遇がかなりよく、

基本給がほかより若干高いとか。

それに加え、交通費支給、残業代をつける、というのは当然、

有給をとりやすくして、プライベートも充実できるようになっているみたいです。

 

なんといってもビックリしたのは、

この「駒沢の森こども園」という保育園を経営しているのが、

角川慶子さんという、角川春樹氏の長女の方なんだとか!

元アイドルで、いまはライターとか巫女もやっているという…!

探偵ファイル~スパイ日記~/あたし、巫女なんですよ(角川慶子)/角川慶子

 

 

というわけで、保育士をずっとやっていたとか、

そういう関係の仕事をしていたわけでもないにも関わらず、

ある日突然、保育園をつくろう!と思い立ったんだそう。

 

究極の愛! 娘が安心して過ごせるように保育園をつくっちゃいました - サイゾーウーマン

 

最初にお子さんを預けた保育園でいろいろあったらしく

(園長が急に辞め、保育士が全員解雇とか、おやつがビスコだけだったとか)、

ならば、自分でつくろう!と思ったみたいですが、

普通は、なかなかそう簡単にはできません。

血筋でしょうか、さすが!としか言えませんね。。

 

立地的にも、私立小学校受験に対応しているらしく、

ただ保育するだけではなくて、いろんなアクティビティがあるようです。

 

それがまた、掟ポルシェが講師ってところにビックリ。

(サブカル好きにはたまらない)

講師は掟ポルシェにニコラス・ペタス! 角川慶子が異色の保育園開園 - サイゾーウーマン

いまはもうやってないみたい…。残念。。

アクティビティ - 駒沢の森こども園 1歳から8歳、朝8時から夜10時まで、学童対応の保育園。

 

で、やはり、角川さんも保育園の選び方について言及していて、

・認可外だから悪いというわけではない 

 定員が少ないから子どもがのびのび動ける

・おもちゃの数が多いのはダメ

 室内の保育が主で、ただダラダラと遊ばせている可能性が

・慣らし保育は週5日から

 週1とか週2から始めるのが普通と思っている方が多いかもしれませんが、

 それだと、1回行ったら忘れたころにまた行く、ってかんじで、

 結局慣れないんだとか。

 

週1回スタートの慣らし保育は無意味! 保護者には言いにくい「ああ、カン違い」 - サイゾーウーマン 

 

いやー目からウロコってかんじです。

 

最近思うのは、長く専門でやってきた人も必要ですが、

こういう、違う分野の方の違う視点ってすごい重要だな、と。

 

それと、やっぱり、血筋というか家は無視できませんね。

「蛙の子は蛙」ってことです。

 

どんなにがんばっても、できないものはできないし、

できるものはできる気がします。

ある程度、努力でなんとかなる部分もあると思うけれど、

持って生まれたものが基本になっているのではないかな~、と

自分やいろんな人を見ていて、思ってしまっている今日この頃です。。

 

だから、うちはお受験とか無縁でしょうね。。。

無理して入ったとしても、ついていけないと思います。

© 2013-2017 joshi-julietta