女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

要注意!子宮頸がんワクチンの副反応 病気は怖い、予防接種も怖い!

杉並区の14歳の女子中学生が、子宮頸がんワクチンの接種後、

長期間通学できない状態になっていたとの記事が。

 

子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

接種した左腕からしびれや腫れが出て、

脚や背中にまで広がり入院したということなので、かなり大変な状況だったよう。

 

接種した「サーバリックス」というワクチンは、

日本では2009年12月からグラクソ・スミスクラインが販売しているもので

2011年8月には今回の件と同じ年齢である14歳の女子中学生の死亡例が出ています。

ほかには失神する例が多いんだとか。

 

~がんは、ワクチンで予防できる時代へ~ 子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス®」、2009年12月22日に発売---GlaxoSmithKline | 企業情報 | プレスリリース

 

【子宮頸癌ワクチン】初の死亡例‐明確な因果関係認められず : 薬事日報ウェブサイト

 

「子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染で、

主に性交渉によって感染」するということなので、

もしかしてコンドームの使用で予防できるのでは?と安易に思ったのですが、

「コンドームでは外陰部全てを守ることはできないため、

HPVは女性の腟や外陰部などから子宮頸部へ感染します」とのことです。

 

しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|子宮頸がんについて -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-

 

うーん、じゃあ、いまのところワクチンを接種するしかないんですね。

とりあえずいまのところは任意なので、

特に持病のある人は気をつけながら、無理せずにやるしかないようです。

 

あとは検診を受けて、常にチェックしていくことでしょうか。

ちなみに、子宮頸がんの検診はやったことがありますが、

最初は不安だったけどやってみたら大変じゃないし

(カーテンで覆われているので、顔は見えないようになっている)、

すぐ終わるのでぜひ受けたほうがいいと思います!

 

ほかにも、予防接種では死亡例があり、

当日熱が出ていたら避けるぐらいしかできないので、難しい問題だな、と思います。

それ以前に副反応が出た人は気をつけられるけど、

でもそれはつまり、やってみないとわからないってことですよね。。

 

・日本脳炎

日本脳炎の予防接種死亡例「さらに調査必要」 厚労省専門家委 :日本経済新聞

 

・肺炎球菌ワクチンとヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチン

医療QQ - 同時接種で乳幼児死亡相次ぐ 母親らに不安 - 医療記事 - 熊本日日新聞社

 

「子宮頸がん予防・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンについては、

現在、国において定期予防接種とするための検討が行われて」いるらしい。

ヒブ(Hib)ワクチンの無料接種について | 相模原市

 

わたしは、予防接種では問題ありませんでしたが、

耳鼻科の治療や飲み薬で薬物アレルギーが何度か出ました。

※まぶたが腫れる「クインケ浮腫」というものだそう

 

いままで症状が出たときの原因と思われる薬は避けますが、

今後、ほかの薬でも反応が出るかもしれませんし、

なんともいえないので不安だけど、

もうそうなったらしょうがないと割り切っているのが現状です。

 

はっきりいって、生きることは常に不安で、苦しむものだということですね(悟り)。

生老病死の苦しみからは絶対に避けられません。

(きょうも新たに白髪を数本見つけてショック…。)

 

でも、永遠に不安は消えることがないから、もう仕方がありません。。

あぁ、にんげんだもの(みつを)…。

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta