女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

市町村によって金額が違う?住民税のナゾをゆるーく調査、の巻。

ヒマなわたしは、相変わらず職場で耳をそばだてていると、

「●●区は住民税高そうだね~!」

という声が。

 

え!そうなの?…いやいや、そんなわけないでしょ。

と思ったけど、念のため調べてみることに。

 

例えば港区。

所得割:特別区民税6%、都民税4%

均等割:特別区民税3000円、都民税1000円

港区公式ホームページ/特別区民税・都民税の計算

 

千葉と埼玉の市も見てみました。

 

所得割:市民税6%、県民税4%

均等割:市民税3000円、県民税1000円

 

市川市|個人市県民税 税額の求め方

さいたま市---税額の計算方法

 

東京と変わりませんね。

住民税の所得割の税率は10%と決まっています。

市民税6%、県民税4%

船橋市|住民税の税率が一律10%に

 

均等割もどこでも同じ金額です。 

つまり、都心だから高いというわけではないです。

 

では神奈川はどうでしょう。

所得割:市民税6%県民税4.025%

均等割:市民税3000円県民税1300円

川崎市:個人の市民税 

 

所得割:市民税6%県民税4.025%

均等割:市民税3900円県民税1300円

横浜市 よこはま市税のページ(個人の市民税)

 

あれ?なんか違う!

 

神奈川県では、

水源環境を守るための特別な税があり、

そのため上乗せ分がそれぞれ0.025%300円なっているわけです。

水源環境を保全・再生するための個人県民税超過課税の概要 - 神奈川県ホームページ

 

さらに横浜市では、市民税均等割に900円上乗せする「横浜みどり税」を実施。

 

ということで、

確かに市町村(+都道府県)によって金額が違う、

ようですね。

 

ただ、あまりにも税金についての知識がない人が多いと思います。

(自分ももちろんそう)

勝手に天引きされているだけだし、

あまり気にしていない、という方も多いのでは?

 

こうして調べてみれば、少しは理解できた(ような気がする)けれど、

普段生活していて、なかなか税金について学ぶ機会がないですね。

 

意外と見ない、自治体の広報だよりやホームページ。

一度、自分の住む自治体のホームページを見てみたほうがいいのかもです。

こんなことやってるんだーと意外な発見があったりして!

 

広告を非表示にする
© 2013-2017 joshi-julietta