読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

妊娠・出産

いよいよ始まった、「2人目は・・・?」の呪縛

きょう読んだのはこれ。 dual.nikkei.co.jp 川上未映子「2人目の予定は?」と聞かれて[PR] | 川上未映子のびんづめ日記 | 日経DUAL いままさに、わたしもいたるところで、 「2人目は…?」とか、 体調が悪いと「妊娠じゃないの?(ワクワクした表情)」と言…

朝日新聞の【女性と企業フォーラム 第2弾】「『女性にやさしい』その先へ!」に行ってきました

資生堂ショックが世間をにぎわせましたが、 わたしは最初に、たしか日経の記事で見て、なるほどね、と思った記憶があります。 そんなわけで、この朝日新聞社主催の女性と企業フォーラム、 資生堂の魚谷社長のお話が聞ける機会ということで、応募したところ、…

【産後の体調不良その3】 やっと治った・・・!しつこいかゆみ、汁が出まくる手湿疹、の巻。

産後の体調不良はいろいろありました。 <a href="http://joshinbun.hatenablog.jp/entry/2014/03/03/150147" data-mce-href="http://joshinbun.hatenablog.jp/entry/2014/03/03/150147">【産後の体調不良】「痛い!」乳腺炎と「かゆい!」じんましんのダブルパンチ、の巻。 - 女子新聞手帖</a>joshinbun.hatenablog.jp

子育ては1人ではできない!結局親のサポートがないとつらい?

やっぱり実際に保育園に通っていて考えさせられることが、次々に出てきます。 というか、園選びのときから、もうちょっと考えておくべきだったのかも…? きのう保育園で親が集まる会があり、 再三「保育園で預かるのは、お仕事の時間と通勤時間の間だけです…

【子連れ就活】マザーズハローワークに行ってきた!の巻。

いよいよ楽しいお正月が目の前…ですが、 気持ちが落ち着きません(^_^;) 1月出産なので、育休は1月までのため、いったん保育園の入園申し込みをして、 不承諾通知をもらったら、育休延長する予定でした。 申し込みするときにも途中入園は厳しいですね、と市役…

日本でも広がるか?フィンランドの子育て支援、ネウボラとは?

きのうの日経夕刊に子育て支援に関する記事が出ていました。 &lt;a href="http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79794480X11C14A1NNMP00/" data-mce-href="http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79794480X11C14A1NNMP00/"&gt;子育て支援、生まれる前から モ…

【産後の体調不良その2】初・子連れで病院へ!臍ヘルニアだった??(←実は違った)の巻。

産後に乳腺炎、じんましんと予期せぬ体調不良に見舞われ、 ようやく元気になってきたのですが、、、 【産後の体調不良】「痛い!」乳腺炎と「かゆい!」じんましんのダブルパンチ、の巻。 - 女子新聞手帖 【産後の体調不良】「痛い!」乳腺炎と「かゆい!」…

育児休暇中に夫の年末調整で配偶者控除を受けられる?の巻。

早いもので11月に入りました。 もうすぐ年末ですね。 というわけで、大イベント?の年末調整があります。 ですが、わたくしは今年は1月に出産し、一切収入がないので、 年末調整はする必要がありません。 しかしここで意外な情報! 夫の扶養には入っていませ…

高学歴親の虐待が増えている?「子どもの人生は子どものもの」と心に留めよう!

わたしの子育ては、乳腺炎やじんましんなど、自分の体調不良に始まり、 いまだにじんましんは出続け、体力も戻らず。 子どもと向き合う前に、自分と向きあわざるを得ない状況です。 そのうえ、なぜか手伝いに来てくれる母親にイライラしてしまう始末。 うち…

【要注意!】風疹予防接種の助成期間が26年3月いっぱいで終了?

妊娠中に受けた血液検査で風疹の抗体が、ギリギリの8倍だったので、 もう一度予防接種を受けたほうがいいと言われ、先月受けてきました。 Q. 2人目妊娠の前に風疹の予防接種を受けるべき?---赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【妊娠中の気がか…

打倒乳腺炎!苦~いというウワサの、牛蒡子(ゴボウシ)を飲んでみた!

結局、いまもしこりが残っている乳腺炎。 【産後の体調不良】「痛い!」乳腺炎と「かゆい!」じんましんのダブルパンチ、の巻。 - 女子新聞手帖 いろいろ検索していて見つけたのが、牛蒡子という、ごぼうの種。 とにかくやってみるべし!と、さっそく購入! …

【産後の体調不良】「痛い!」乳腺炎と「かゆい!」じんましんのダブルパンチ、の巻。

退院時も1ヶ月健診のときもきわめて順調だったので、 調子に乗ってましたが、急に体調に異変をきたしました。 ☆乳腺炎 右脇にしこりがあるけど、病院行ったほうがいいのかと迷いつつ、 1週間経過。 少し出かけて、あーなんか疲れたなぁ。。と思って、 お風呂…

ママの不安を和らげよう!産前・産後ケアの支援が広がっているぞ、の巻。

毎日これでもかというほど全身をバタバタさせつつ、泣いている我が子ですが、 多少は泣き声にも慣れてきたかなといったところ。 ただ、おむつを替えてもおっぱいをあげても泣きやまないとき、 さすがにどうしたらいいものか、困ってしまいます。 「どうして…

続・安産をめざせ!ラズベリーリーフティーを飲んでみる、の巻。

前回安産のための身体づくりについて書きましたが、 安産をめざせ!さらにその後の健康にもつながる(であろう)身体づくり、のまとめ - 女子新聞手帖 赤ちゃんは下がっているものの、子宮口がまだまだということ。 鍼灸の先生によると、子宮口が固いまま陣…

安産をめざせ!さらにその後の健康にもつながる(であろう)身体づくり、のまとめ

臨月を迎え、もうすぐ出産。 安産のためにいろいろ対策をしてきました。 まだ結果はわかりませんが、 ひとまずまとめてみようと思います。 1:ヨガ・妊婦体操 妊娠前から地味にやっていたヨガ。 つわりがひどかった時期にマタニティヨガのDVDを購入。 Am…

将来への不安、自信がない…もし自分ならどうするか? 出生前診断の是非

新型出生前診断を受け、異常を確認したほとんどの人が中絶、というニュースが出ていました。 時事ドットコム:新出生前診断、3500人実施=染色体異常で大半中絶-3人は確定検査受けず 「報告によると、染色体異常の疑いがある陽性と判定されたのは、全…

子どもの食べ物の好き嫌いの原因とは?胎児のころから要注意?

きのう旦那とごはんを食べたあと、 「いま食べたなかにピーマン入ってたけど、細かいしそんなに味しないじゃん、 でもなんで子どもは嫌いになるんだろう」 と、食べ物の好き嫌いの話になり、 旦那はまったく好き嫌いがないので、なぜわたしが好き嫌いが多か…

既婚と未婚、子持ちと子なしで「手を取り合えない女たち」?

きょうは上野千鶴子さんの記事を読みました。 女を使えない企業が、世界で戦えますか? ワーキングマザーサバイバル 東洋経済オンライン 新世代リーダーのためのビジネスサイト わたしがすごく共感したのは、 「手を取り合えない女たち」というところで、 「…

母乳育児は要注意?乳幼児に「くる病」急増のワケ

関東に直撃し、被害をもたらした台風も去り、 きょうは涼しくなりましたが、澄んだ青空で、とってもいいお天気! こんな日は外でのーんびりしたいものですね。 ということで、きょうのおはよう日本で取り上げられていたのは「くる病」。 骨の形成に関わる病…

これは使える!西松屋でアジャッシュベルトとりぼんアジャスターを買った、の巻。

現在妊娠6ヶ月ですが、おなかもだんだん目立ってきて、 パンツはボタンが閉まらないままはいています。。 そこで、ウエストがゴムになっているものを何枚か追加しようか、 と思っていたのですが、 西松屋でこんなものを発見!そして即買い! アジャッシュベ…

NICU(新生児集中管理室)が意味するもの 当事者へのサポートについて

きょうのおはよう日本で取り上げられていたのが、NICU。 低出生体重児、病気の赤ちゃんなどがしばらく過ごすところです。 支え合う 低体重児の母親たち---これまでに放送した内容 | おはよう日本 首都圏 | NHK@首都圏 母親のなかには、自分を責めてしまう方…

怖ーい!「産後うつ」への原因と対策

うつ病というものが社会のなかで一般的な病気になっていますが、 産後のうつも深刻な問題のようです。 先日出産した、タレントの福田萌さんは「うつ」ではないものの、 マタニティーブルースになったのだとか。 マタニティー・ブルース…福田萌の“告白”は意外…

危険?カンガルーケアの是非と産科医療補償制度について

「カンガルーケア」という言葉をよく耳にするようになりました。 なんとなーく、出産後すぐに赤ちゃんと触れ合う、みたいなイメージしかありませんが、 事故が多いようで、危険なのかな、と思ったりしています。 カンガルーケア訴訟、病院側争う姿勢 弁護側…

産育休から復帰しても、結局辞めざるを得ない人たちがいる現状

前にマタハラについて書いたのですが、 結局、マタハラ(マタニティハラスメント)の当事者になりそうな件。※追記あり - 女子新聞手帖 産育休が取れたとしても、復帰後の仕事継続が無理になり、 辞める方もけっこういるようです。 「当時IT企業に勤めていたA…

子持ちと子なしの間の深い溝?話題が合わなくなっても気にするな!

子どもができると、 「きょう、●●ちゃんが保育園行きたくないってぐずっちゃってー」 「うちの子が行ってる小学校でこんなことがあって~」 とか、どうしても子どもの話ばっかりになるもの。 わたしも、あまりにも延々と子どもの話ばっかりされると さすがに…

結局、マタハラ(マタニティハラスメント)の当事者になりそうな件。※追記あり

最近よく聞く「マタニティハラスメント」、略して「マタハラ」。 広がる「マタハラ問題」への反響 対立ではなく長期的視点で理解を|inside|ダイヤモンド・オンライン わたしはつわりがすぐ来たので、早めに上司(アラフォー・子持ち・女性)に報告して、 …

移動手段がないときどうしよう!子育てタクシーなら安心!

つわりで動けないとき困ったのが、ひとりで病院に行けないこと。 バスはあるけど、バス停からまた病院まで歩くし、 バスのなかで気持ち悪くなったらどうしよう…と思うし、けっこう面倒。 で、今回知ったのが、「子育てタクシー」。 タクシーで子育て支援 | …

【入荷待ち】困った!風疹のワクチンが足りてない!!

旦那が5月に風疹のワクチン接種を予約しに行ったところ、 「入荷待ちなので、6月のこの日以降に。。」 と言われたらしい。 しかし、その日が近づき連絡が。 「すみません、入荷できませんでした」 ということで、まだ接種できずにいるということ。 やっぱり…

妊婦健診補助券の金額についてちょっと調べてみました【神奈川・東京・埼玉】

このあいだ、母子手帳と一緒にもらったのが、 妊婦健診の補助券。 そういえば渡されるときに「お隣の市とも金額とかしくみが違うんですけどね」 とか言われたけど、 どう違うのだろうか…? 母の時代にはなかったという、この制度。 どうやら2007年ごろから拡…

母子健康手帳の交付に行ってきたら、チラシ類であふれかえる、の巻。

病院から、「母子手帳もらってきてください」と言われたので、 区役所にある保健福祉センターへ。 てっきり、母子手帳だけもらえば終了かと思ったら、 ビニールの手提げ袋を手渡され、そのなかにはなんだかいろんなものが。 これを見た母、わたしが産むとき…

産休・育休のお金のポイントと、心身の変化を耐え忍ぶオンナの我慢

きょうの日経朝刊、NIKKEI プラス1より。 「産休・育休手当のイロハ」と題して、 産休・育休時に関係するお金のことが書いてありました。 変更事項として、産休時の社会保険料は今まで必要でしたが、 2014年4月から労使とも免除となるとのこと。 (タッチの…

子宮がんだけじゃなくて、卵巣がんの検査も頭に入れておこう!

きのうのNHK「きょうの健康」のテーマは卵巣がん。 きょうの健康 |「リスクに注意!卵巣がん」 なぜじっくり見たのかというと、 つい最近、卵巣のう腫の疑いと言われて、卵巣について知りたかったからです。 そもそもですが、うっかりしてました。 やたらみ…

晩婚・晩産化対策で「女性手帳」導入?

きのう旦那が、「独身の友達がご縁がなくて、どうすればいいか困っている」 という話をしていましたが、 結婚したくても結婚できない人が多いのは事実。 また、出産年齢も遅くなっています。 これも、ほしくてもできないから困る。 ということで、政府は「晩…

【大流行】風疹予防接種の助成始まってます!特に男性は予防接種を!

風疹の患者が急増していることを受け、 神奈川県内の自治体でも続々助成が始まっているようです。 風疹予防接種費を一部助成、1日から逗子市と葉山町で/神奈川:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社 横浜、川崎、相模原市が予防接種を…

育休三年!男性の育児参加と社会の意識改革は進むのか?

本日の東京新聞社説。 東京新聞育休3年 男性の育児参加が先だ社説・コラム(TOKYO Web) 思わず「文久三年」を思い出したのですが…ww 水曜どうでしょう名セリフステッカー(文久三年 嘉永六年) HTBオンラインショップ それはさておき、 「政府の規制改革会議…

高齢出産の増加などで「里帰り出産」が難しい?それなら、産後ケアのサービスをうまく使えるようにしたい!

出産直後に母子ともに滞在できる施設の利用が増えているんだとか。 産後ケア施設、利用広がる 育児指南や体調管理 :日本経済新聞(会員限定) 「日本でも都心部を中心にニーズが増加。 高齢出産のため実家の両親も高齢化して面倒をみられなかったり、 両親…

超ビックリ!まったく知らなかった「子宮内膜症」のこと

女性に生まれて、毎月月経がありますが、 知っていそうで知らないのが、女性のからだのこと。 わたしは最近になって、基礎体温を測るようになりましたが、 それまでは排卵がいつなのかも知らなかったし、 ない場合がある、なんてことも知らなかったです。 女…

望まない妊娠と、不妊で悩む人たちをつなぐ

きょうのNHKおはよう日本でやっていたのが、 止むをえず、望まない妊娠をして出産、 その後子どもを不妊で悩む人たちと特別養子縁組をさせる、 というNPOの活動について。 “望まない妊娠” 女性たちの現実---2013年 02月18日(月)|けさのクローズアップ|NH…

© 2013-2017 joshi-julietta