女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

医療・福祉

産休・育休のお金のポイントと、心身の変化を耐え忍ぶオンナの我慢

きょうの日経朝刊、NIKKEI プラス1より。 「産休・育休手当のイロハ」と題して、 産休・育休時に関係するお金のことが書いてありました。 変更事項として、産休時の社会保険料は今まで必要でしたが、 2014年4月から労使とも免除となるとのこと。 (タッチの…

子宮がんだけじゃなくて、卵巣がんの検査も頭に入れておこう!

きのうのNHK「きょうの健康」のテーマは卵巣がん。 きょうの健康 |「リスクに注意!卵巣がん」 なぜじっくり見たのかというと、 つい最近、卵巣のう腫の疑いと言われて、卵巣について知りたかったからです。 そもそもですが、うっかりしてました。 やたらみ…

他人は変えられないし、自分の意志ではどうにもならないことがあるのだ

EテレのハートネットTVで虐待のシリーズ。 ハートネットTV:2013年5月6日の放送 - NHK福祉ポータル ハートネット 虐待された人のケアは当然必要だけど、 虐待した人のケアも必要。 大阪で「男親塾」という、虐待をしてしまったお父さんを集めて過去と向き合…

晩婚・晩産化対策で「女性手帳」導入?

きのう旦那が、「独身の友達がご縁がなくて、どうすればいいか困っている」 という話をしていましたが、 結婚したくても結婚できない人が多いのは事実。 また、出産年齢も遅くなっています。 これも、ほしくてもできないから困る。 ということで、政府は「晩…

一人暮らしの高齢者の家に若者が一緒に住む「ホームシェア」で社会が変わる?

きのう、テレビ東京の夕方のニュースで見たのが、 東京都練馬区の家に一人で住む84歳の男性が、27歳の大学院生と一緒に住み始めた、 という話。 (57歳差!) “独居シニア”の新しい選択:NEWSアンサー:テレビ東京 奥様に先立たれ、子どもたちは独立、立派な…

【大流行】風疹予防接種の助成始まってます!特に男性は予防接種を!

風疹の患者が急増していることを受け、 神奈川県内の自治体でも続々助成が始まっているようです。 風疹予防接種費を一部助成、1日から逗子市と葉山町で/神奈川:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社 横浜、川崎、相模原市が予防接種を…

虐待の対応の難しさと、「孤立」のこと

横浜で女の子の遺体が遺棄されたという悲しい事件がありましたが、 「母親にしかってと言われ」殴る蹴る 横浜の女児死体遺棄で逮捕の同居男 - MSN産経ニュース やはりあったのが、虐待。 母親は児童相談所との面会を約束するも、直前になって「体調が悪い」…

「アレルギー疾患対策基本法案」検討中!…とお好み焼き粉のアレルギーにも気をつけよう!

東京・調布市の小学校で18日、牛乳アレルギーの子が、 牛乳を誤って飲んでしまったという報道がありましたが、 東京新聞:給食アレルギー 調布でまた誤提供 確認ミス小1大事至らず:社会(TOKYO Web) 昨年の12月に同じ調布市内でアレルギーの誤食死亡事故があ…

「自分は関係ないから」と思わずに発達障害を知ろう!

毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」で、 4月2日~8日は発達障害啓発週間だったんだそう。 発達障害啓発週間 NHKEテレのハートネットTVを見て知ったんですが、 認知度はまだまだでしょうね。 NHK福祉ポータル ハートネット で、発達障害って…

子どもの予防接種の数が増加、で考えること

きょう朝のNHKおはよう日本で、予防接種の話題が取り上げられていました。 予防接種は いま(1)増える 子どもへの接種---これまでに放送した内容 | おはよう日本 首都圏 | NHK@首都圏 「今月1日、法律に基づいて行われる定期の予防接種の対象に、 幼い子…

超ビックリ!まったく知らなかった「子宮内膜症」のこと

女性に生まれて、毎月月経がありますが、 知っていそうで知らないのが、女性のからだのこと。 わたしは最近になって、基礎体温を測るようになりましたが、 それまでは排卵がいつなのかも知らなかったし、 ない場合がある、なんてことも知らなかったです。 女…

要注意!子宮頸がんワクチンの副反応 病気は怖い、予防接種も怖い!

杉並区の14歳の女子中学生が、子宮頸がんワクチンの接種後、 長期間通学できない状態になっていたとの記事が。 子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 接種した左腕からしびれや腫れが出て、 脚や背中…

「コンビニ受診は控えよう」県立柏原病院の小児科を守る会の取り組み

きのう、たまたまテレビ東京の「たけしのニッポンのミカタ」に チャンネルを変えたらやっていたのが、 兵庫県立柏原(かいばら)病院の小児科についての話。 県立柏原病院の小児科を守る会 ふらっと 柏原病院の小児科を守る会 2人いた小児科医が1人になって…