女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

コミュニケーション

【SNS】子どもの外出・友人関係をどこまで管理できるのか

座間で起こってしまった事件ですが、SNSで知り合い、被害者の方はみなさん詳細は言わずに外出したとのこと。 誰と会うか告げず失踪 容疑者口止めか 座間9遺体 :日本経済新聞 私もSNSは利用していますし、ネットで知り合った人と会ったこともあります。 危…

ストレスを溜め込んで爆発する前に、自分の感情に気づくこと

わたしは、小さいときは特に反抗することもなく、手がかからなかったそうですが、 自分なりにいろいろ考えていて、溜め込むタイプでした。 もうダメだ、となるまで何も言えず、耐えることもしばしばでした。 世の中には「愚痴ばかり垂れる人」と「文句ひとつ…

あまり気の合わないご近所さんとの付き合い方

わたしが住むところは、同じぐらいの子どもが多いので、みんなで遊ばせながら井戸端会議になったりします。 前に住んでいたところは、周りとの交流がなかったので、こういうふうに話せるのはありがたいな、と思っています。 しかし、そこは人間。 気の合う友…

息子の保育園登園拒否に心が折れそうになった、の巻。

0歳児クラスから保育園に入園し、通い続けている息子。 今年に入り、おむつもとれてホッとしたのもつかの間、 毎朝のようにはっきりと「保育園行きたくない」と言うようになってしまった。 家から連れ出すことだけでも一苦労、せっかく買った自転車にも乗っ…

女はどこまで周りに頼るのがいいのか

西原理恵子さんの記事に、そうだよな、と思った。 女の子へ「寿司と指輪は自分で買おう」 西原理恵子さん:朝日新聞デジタル 20歳の頃までは、困れば誰かしら助けてくれるかもしれない。でも、若さとか顔がきれいとか、そんなの20年後には資産価値ゼロに…

実は、びっくりするほど定着率が低い職場にいるのですが・・・の巻。

いまわたしが働いている職場ですが、社員さんもパートさんもどんどん辞めていく。 パートさんは1ヶ月持たないこともある。 あの人来ないな、と思ってたら、そのままフェイドアウト・・・も多数。 かなりの数の会社を渡り歩いてきましたが、ここまでなところ…

夫婦の家事意識の違いについて:ストレスが爆発しないためにはどうするか

家事が苦手なわたしにとって、 産後、働き始めて苦労したのは、子どもの病気だけではなく、 家事をどうこなすか、でした。 完璧にはできないので、ある程度手抜きしながらやっていますが、 たまった皿、洗濯物にうんざりすることも多々あります。 そこでこん…

保育園生活1年を迎えて、の総括

いよいよ2015年もあと少し。 28日はお休みするため、今年の保育園登園も終わりました。 我が家は2015年1月5日に入園し、保育園で1年を過ごしたことになります。 というわけで、いろいろと感じたことをまとめておこうと思います。 1:半年くらいは呼び出しの…

【子育て・介護】孤立を防ぐためにどうすればいいのか

少し遠くに住む友人から、近所でママ友を作ったらどうか、と言われた。 彼女は児童館でママ友をつくり、いまでは飲みに行ったりする仲だという。 一方、現在週5日で働くわたしには、そういうママ友はない。 保育園に子どもを預け、会社に行き、迎えに行った…

自治体の子育て相談に行ってきた!の巻。

うちの息子はついに1歳半をすぎ、どうやらイヤイヤ期突入? …なかんじで、自分の思い通りにならないと地団駄を踏んだり、 すぐぐずる。 わたしは仕事と家事に疲れ、あまり相手できず… 外に行けば、じっとしていられず、あちこち動き回り、大声を出し、 ベビ…

「わかりやすく正確に伝えること」。報道とは何なのか、教えて池上さん!

朝日新聞が最近おかしなことになっていますが、 わたしは小さいころにほんの数ヶ月しか読んだことがありません。 と、いうのも、うちの実家は長年産経を読んでいますが、 勧誘がくるので「ためしに」6ヶ月購読したことがあったからです。 当時、小学校の同級…

無意識にしている女子の「マウンティング」、巻き込まれないようにするには?

たまたま見つけた記事で、 マウンティング女子というものを知りましたが、 そもそも男性より、女性同士だと「他人と比較して自分が上か下か」と比べてしまいがちだと思います。 「男性の場合、年収や仕事といった数値で比較しやすいもののウェイトが高い場合…

先人に学ぶ:つらいつらいと言う前に、やることをしっかりやらねばー!の巻。

出産してからイライラすることが多くなってしまい、 つい旦那や母にガーガーといろいろ文句を言っていたわたしですが、 ホルモンバランスが整ったのかなんなのか、最近は落ち着いてきたようにも思えます。 あ、気のせいだったりして。。 お盆に実家に帰ると…

高学歴親の虐待が増えている?「子どもの人生は子どものもの」と心に留めよう!

わたしの子育ては、乳腺炎やじんましんなど、自分の体調不良に始まり、 いまだにじんましんは出続け、体力も戻らず。 子どもと向き合う前に、自分と向きあわざるを得ない状況です。 そのうえ、なぜか手伝いに来てくれる母親にイライラしてしまう始末。 うち…

ネットいじめは防げるのか~カナダ・社会ぐるみの挑戦~NHKBS「ドキュメンタリーWAVE」を見て

いまや子どもがスマホを持つのはあたりまえ。 ツイッターやフェイスブック、LINEなど、ソーシャルメディアでは 現実よりいろいろ言いやすく、トラブルもあるようですが、 NHKの番組でカナダの事例を見ていろいろ考えました。 ネットいじめは防げるのか ~カ…

バカボンのママが美人であろうと嫉妬しない!?女の嫉妬とは?

嫉妬… それは永遠になくならないもの、ではないでしょうか。 きのうチャンネルをいろいろいじっていたら見つけたのが、 「久米書店」という久米宏さんと壇蜜さんの番組。 BS日テレ - 「久米書店~ヨク分かる!話題の一冊~」番組サイト 架空の書店主に扮し…

何よりも社会的な関わりが大事 「ハイビジョン特集 赤ちゃん 脳と体の成長の神秘」を見て

きょうはNHKプレミアムアーカイブスで、 「ハイビジョン特集 赤ちゃん 脳と体の成長の神秘 〜驚異の適応力をとらえた〜」を見ました。 放送予定---NHKアーカイブス|プレミアムアーカイブス これまでの放送---NHKアーカイブス|プレミアムアーカイ…

スーパー経営の今後が気になる!「おしん」にハマる、の巻。

きょうは「おとうさんといっしょ」を見て、 話題の「おとうさんといっしょ」を初めてみたよ、の巻。 - 女子新聞手帖 前回感じた違和感はなく、歌に合わせて「あそびたいあそびたいあそびたい♪」 と口ずさんだあと(笑)、 そのままワンワンパッコロキャラと…

魔法の言葉を使おう!【1×8教育研究所2012】尾木ママ対談を見て

「水曜どうでしょう」や「おにぎりあたためますか」など、北海道の番組をたまに見ますが、 なかでも実家にいるときテレ玉で地味にけっこう見ていた「1×8いこうよ!」。 おなじみ大泉洋と札幌テレビの木村洋二アナのコンビ、YOYO'S(ヨーヨーズ)によ…

既婚と未婚、子持ちと子なしで「手を取り合えない女たち」?

きょうは上野千鶴子さんの記事を読みました。 女を使えない企業が、世界で戦えますか? ワーキングマザーサバイバル 東洋経済オンライン 新世代リーダーのためのビジネスサイト わたしがすごく共感したのは、 「手を取り合えない女たち」というところで、 「…

完璧を目指すな!鈍感力を身につけたい!の巻。

もうすぐ産休に入りますが、 引き継ぎをしていて思うのが、人に教える前提で仕事をしていたわけではないので、 言葉でうまく説明できなくてもどかしいこと。 しかも適当人間なので、これはよくわかんないけど、最終的にできてればいいや、 とか、イレギュラ…

結局、生きるために一番必要な力は…?自己肯定感について

きのうはまたもストーカー被害での悲しい事件が起こってしまいましたが、 女優の夢道半ば…殺害された女子高生は倉本聰氏のめいの娘だった+(1-2ページ) - MSN産経ニュース 自分の子どもが被害者になることも、また、加害者にもなってほしくはありません。 …

心が疲れている小学生と余裕のない親、少しでも会話の時間がつくれたら

本屋さんで見つけたのが「保健室のいま」と題した児童心理10月号。 児童心理 2013年10月号 パラパラと立ち読みしましたが、 気になったのは、ほとんど毎日塾やら習い事でスケジュールがビッシリ。 それで疲れてしまって保健室に来る子がいる、ということ。 …

アレもコレもやらないと…もうキリがない!不安とビジネスを考える

先日、とある教室(つまりセミナー)に行ってきました。 内容は満足だったのですが、先生のよどみないトークと段取りが気になりました。 教えるものはもちろんちゃんと教えてくれましたが、 合間にちょこちょこと 「ちょっとこちらご紹介させてください~!…

教育委員会はナゾの世界!組織を動かすのは難しいゾ、の巻。

埼玉県教育委員会の教育委員長が突如、辞意を表明したそうです。 東京新聞埼玉 県教育委員長が辞意 実教出版の教科書採択で社会(TOKYO Web) 「県教委が実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を採択したことについて、県議から問題視する声があり、県議会…

組織崩壊寸前?定年間近が集う部署、「オジ捨て山」の実態

わたしは現在まで転々といろんな組織で働いてきましたが、 社員の年齢層がバランスよく配置されているケースはなく、 みんな若すぎるか(20代30代ばかり)、定年間近の50代が多いかのどちらかでした。 どちらも一長一短ですが、定年間近の方が多い、「オジ捨…

受験成功と失敗の分かれ目 親ががんばりすぎないこと

このまえ、私立の小学校に通わせている(であろう)親子に遭遇した話を書きましたが、 背伸びはダメよ!よい学校に入ることより、よい家庭を築こう - 女子新聞手帖 そこで思ったのは、家庭関係の重要さ。 で、きょう、「塾長は見た!合格家族と不合格家族の…

背伸びはダメよ!よい学校に入ることより、よい家庭を築こう

世の中はお盆休み。でも、わたしは仕事です。 というわけで、会社へ向かう電車は空いていますが、 当然いつもと違う方々が多い気がします。 たとえば親子連れ。 で、けさ遭遇した親子がかなーり気になりました。 ≪登場人物≫ Aさん(Y子ちゃんのママ) Y子ち…

都会と郊外、どっちに住むか?家族でしっかり話し合おう、の巻。

子どもが生まれてしばらく経ったら、引っ越そうかぁ~、 なんてことを家で話していまして、 「教育を考えるなら都会かな」とか「家賃と広さを考えると郊外?」 などと、早くも考えている今日この頃です。 郊外、といっても地域によっていろいろだと思うし 定…

程度の差はあるけど、どこにでもある「よそ者」の問題

山口の集落で起こった事件には驚愕しましたが、 なんだかいろいろと事件の背景について情報が出ているようです。 どうやら、犯人は一度集落を離れて戻った人間で、完全に孤立。 集落のみなさんの間とこれまでもいろいろあったとか。 山口の事件犯人かわいそ…

© 2013-2017 joshi-julietta