女子新聞手帖

新聞などを読んでいて気になった、子育て、教育、医療、家、お金ほか、だいたい「女性」に関わることのメモ。

奨学金、無償化、いろいろあってもやっぱりなくならないのか、教育格差!

2月になりました。ちょうど私立中学の入試真っ盛りだと思います。

しかしなくならないのが、教育格差の問題。

www.nikkei.com

しかし、心すべき事実がある。数字のうえでは希望者全員がどこかの大学に入れる「全入時代」とはいっても、実際に大学へ行く若者は同年代の半分ほどなのである。

 文部科学省の学校基本調査によれば、高校生の昨春の大学・短大進学率は54.7%。2000年代以降、往年の伸びにブレーキがかかり、特にこの10年ほどはほぼ横ばいである。大学入試をめぐるさまざまな話題に実感を持てぬ人々は少なくないはずだ。 

全入時代になり、相当数が大学に進学しているとわたしも思っていましたが、そうでもないという事実。

 

成績はよかった。やる気もあった。なのにお金がなくて進学をあきらめたという人は多い。入学しても後が続かず退学するケースも目立つ。12年度の文科省調査では、中退者7万9000人のうち2割が経済的理由だ。

それを思えば、政府が来年度から導入する給付型奨学金制度は画期的である。住民税非課税世帯の1学年約2万人を対象に、月2万~4万円を支給するという。規模は小さいが、救われる学生は間違いなく増えるだろう。

 時を同じくして東京都も、世帯年収760万円未満の私立高校生の授業料を実質無償化するそうだ。

 

格差は親の経済状況で決まる…

続きを読む

【年収760万円未満】東京都、私立高校実質無償化へ

きょうビックリしたのはこちらのニュース。

www.nikkei.com

東京都の小池百合子知事は16日、都内外の私立高校に通う都内在住の生徒の授業料について、世帯年収760万円未満の家庭を対象に実質的に無償化する方針を明らかにした。

国の制度に加え、都独自の特別奨学金を拡充し、都内の私立高校の平均授業料に相当する年44万2千円を支給する。 

とのことで、

都によると、対象となる生徒は約5万1千人で、都内在住で私立高に通う生徒の約3割にあたる。

続きを読む

正月に帰省して思ったあんなことこんなこと

年末から旦那の実家(愛知)に帰省しました。

関東から出たことのない人間なので、毎回新鮮な気分になります。

 

とはいっても、イオンなど大きいショッピングモールは全国共通。

昔ほど地域の違いは大きく感じないのではないでしょうか。

 

いまわたしが勤務している企業は小売なので、全国に店舗がありますが、

わたしは本社で数字を見て仕事しているだけで、現場の空気感はまったくわかりません。

昔からあちこち行って、いろんなものを見るのが好きでしたが、

やはり自分の目で見て感じることをこれからも大事にしたいものです。

続きを読む
© 2013-2017 joshi-julietta