女子新聞手帖

神奈川県在住、自由気ままな30代ワーキングマザー。日課は新聞を読むこと。活字好き。

東急線電車スタンプラリー「のるるんモード」達成!

夏休みはこれにかなりのエネルギーを費やしたといっても過言ではない、

東急線の電車スタンプラリー。

joshinbun.hatenablog.jp

 

息子がかなりやる気になっており、全部集めたいとのことで、コツコツとがんばり、なんとか期間終了ギリギリで達成しました。

本当は一日で回りたいぐらいの気持ちでしたが、小刻みにやったため、結局4日かかりました。

f:id:joshi-julietta:20180831162612j:plain

 

続きを読む

これからどうなる?存在感が薄れる西友の行く末が心配

地元の友達に会いに、実家近くに行ってきました。

久々だったので、新しく変わりゆく街を懐かしく見ていましたが、建物が昔と変わらず同じところでがんばっている西友、まったくもって昔のままで古ぼけている。

また、中は殺風景、客もまばら。違う意味で寂しく思いました。

 

西武沿線のため、昔は西武・西友がかなりの力を持っていました。

が、西武もまさかのそごうやイトーヨーカドーと同じグループになり、西友ウォルマートの傘下に。

安さを売りにしてがんばってきたものの、結局のところ、業績低迷で売却へ向かっているとのこと。

西友は1970年代に「西のダイエー、東の西友」といわれ、故堤清二氏率いるセゾングループのもとで成長した。チェーン展開する流通の名門で、トップ大学の学生が門をたたいた。だがおっとりした気質が抜けず、イトーヨーカ堂など競合に押されていった。ウォルマートと2002年に資本業務提携したときには、過剰債務や消費低迷で苦境に立っていた。

www.nikkei.com

続きを読む

飯能市の宮沢湖にできる「ムーミンバレーパーク」「メッツァビレッジ」に行ってみたい!

私の埼玉の実家に程近い、宮沢湖ムーミンのテーマパークができると発表されてしばらく経ちましたが、一部のエリアは2018年11月にオープンとのこと。

北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」のオープンが2018年11月9日に決定し、各施設の名称とともに発表になりました♪

「メッツァビレッジ」が開業される「メッツァ」は、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(2018年11月9日開業、無料)と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(2019年3月開業、有料)の 2 つのエリアから構成されます。

「メッツァビレッジ」とは、日常的に遊びに行くことのできる自然豊かな公園機能を維持し、自然を身近に感じられる空間で、北欧のライフスタイルや空気感を感じられるようにデザインされています。北欧ブランド雑貨や新鮮な地元野菜、工芸品などのショッピングを楽しめるマーケットや、北欧風の飲食を堪能できるレストラン、ものづくりやアートを通じた「学びの場」となるワークショップ、湖面の散歩を満喫できるレンタルボート、季節イベントや様々なブランド・地域によるイベントなど、ご家族や友人同士でできる多彩な体験が待っているとのこと。
居心地が良くてのんびりと過ごせる、北欧に流れているような時間を満喫する場所になりそうですね♪

2018年11月9日に「メッツァビレッジ」が開業日決定! - ムーミン公式サイト

続きを読む